コミュニティサイトの限界なのだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mixi
私も活用している『mixi
最近この『mixi』を見ていて感じる事があります。

「業者が多い・・・」

以前からそうだったのかもしれませんが、最近「足あと」を辿っていくとほとんどがそうです。
大体は可愛い女の子の画像が貼ってあって日記やらプロフィールにURLがあるんです。
そこをクリックすると出会い系サイトやアフィリエイトサイトに飛ぶってな典型的な業者が目立ちますね。

自由に色々な人達と繋がる事ができるコミュニティサイトにこういう営利目的の業者が入ってくるのは、止めようのないことなのかもしれませんが、そのサイト運営者達はそれで構わないのでしょうか?
最終的には不快感を持たれるのに・・・。
こういうグレーな部分が表だってするところがWebの欠点ですね。
と言うか扱う方のモラルの問題か・・・

「コミュニティサイトの限界なのだろうか」への4件のフィードバック

  1. そうですね、仰る通りっす。
    最近のmixiは殺伐としてますね。
    日本人のモラル低下が一番の原因だと思いますが…

  2. 男の子は、そんな感じの足跡なんや~。
    私のは、在宅ワークってゆうの?
    なんか、パソコン苦手な人でも、一日ほんの
    少しの時間で、高収入みたいなやつ。
    あれは、あやしくないの?
    メッセージもくる。

  3. 情報というモノは、英語にすると、InformationとIntelligenceに区分けされます。
    Informationは単なる情報で、そこには有益なモノもあれば、無益なモノもあります。反対に、Intelligenceは発信する側が推敲し、編集された有益なモノです。
    この見地から見ると、欧米社会のBlogやSNSはIntelligenceに近い内容が多く見られます。BlogやSNSが欧米社会で登場したときから、知識交換、情報共有などが、思想の根底にあたったように思われます。
    でも、日本ではその重要な部分が忘れ去られ、SNSやBlogが氾濫してしまったことに課題があるんじゃないかな。

  4. だいさんコメントありがとうございます!
    安易に営利目的に走ろうとするこの日本人は本当にダメダメですね・・・

    かぴばらさん初コメントありがとうございます!
    メッセージまで来るとは・・・
    そう言えば、私のところにも来ていたような・・・
    でも、男性女性と性別によってアタックの仕方を変えてるんですねぇ~
    仰るとおり怪しさ満開ですけどね。

    Fujimuraさんコメントありがとうございます!
    本当に日本人ってモノの本質を見失うのが得意な人種かもしれませんね。
    嘆かわしい・・・

    それにしても、皆さん私と同じ事を思われていたんですね。
    書いてみてどうかと少し不安でしたが、ちょっと安心しました。
    またコメント宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>