寄生獣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

51rv6dnmn3l_aa240_.jpg

最近頻繁に利用している「レンタルコミック」。
近所にある「USV」というレンタルビデオ店で去年の秋頃だったかな?新サービスを始めたんです。
これが結構今まで読みたいマンガを溜め込んでいた私にとっては好都合な訳で最初はメジャー(ジャンプとかマガジンとかのマンガ)どころを見ていたんです。

それも最近では大体読み終えたので、近頃では面白いと口コミで聞いたモノを片っ端から読んでいるんです。
それが以前紹介した『クローズ』だったんですが、それも一通り読んだので今回は『岩明 均』の代表作であり記事のタイトルの『寄生獣』を読んでみたんです。

正直言ってこの作品の絵はお世辞にも上手とは言えません。
私個人的にも最初は抵抗あった作品だったのであまり気乗りはしませんでした。
でも、どうしても読んでくれって言われた事を思い出しとりあえずって感じだったのです。

あらすじ抜粋

ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。
その生物は人間の頭に寄生して全身を支配し、他の人間を捕食するという性質を持っていた。
寄生後も見た目は人間そのものであった彼ら「パラサイト」は、高い学習能力から急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に徐々に紛れ込んでいった。

抜粋終了

っていうSFマンガなんです。
最初は他愛もないマンガなんだろうと思っていたのですが、徐々にそのメッセージ性が出てくるんです。

人間とは地球にとってなんだ?

最初はこの本のタイトルである『寄生獣』というのはこのマンガで出てくる寄生生物「パラサイト」を指しているのかと思っていたのですが、実は作者が言いたかったのは「人間」こそが「地球」にとっての「寄生虫」だと言っていたんです。
しかも「」という表現ではなく、むしろ殺し合いをする「人間」は「」だ!って事で『寄生獣』。

人間とはなんぞや!

まさにそんな気持ちにさせてくれる作品ですね。
良かったら皆さんも近所のマンガ喫茶やレンタルコミックなどで読んでみて下さい!
もちろん購入もアリかと思います。
ちなみにハリウッド映画として実写化される予定みたいです。

「寄生獣」への4件のフィードバック

  1. このマンガは僕もファンで、高校時代にコレを読んで「人間とは?」みたいな事を考えましたよw
    なかなか面白い視点の作品だと思います。
    ハリウッドでの映画化はCG満載のB級ホラー映画みたいになり、この「人間とは?」と、問いかけてくる世界観が壊れそうで、正直面白く仕上がらなさそうですね。。

    そう、で、いつ、靴をUPするんですか?首を長くして待ってるのですが…w

  2. 専門学校時代に初めて読んでハマった作品の一つです。
    確かに全体的に引きつけられる絵ではないんですが、物語の組立ては「凄い!」と素直に感じた作品でした。
    この作者の方、「手」のデッサンが異様に上手くなっていく過程も観てて楽しかったw

  3. だいさんどうも!
    確かにハリウッドで映画化されるとB級映画っぽくなりそうですねw
    この作品っていじり方によってはとんでもなく陳腐なモノになりそう・・・。
    靴はちょっと訳ありで遅らせていました(汗)
    明日必ずUPしますのでお楽しみに!!

  4. T283さすが!
    私もそれは感じていました。
    「手」だけじゃなく「絵」自体が上手くなっていますよね。
    最初は本当にちょっと・・・って感じでしたから特にそう思うのかもしれないけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>