プレゼン力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼン

今の私に決定的に足りないモノ。
それは「プレゼン力」です。

私のような「Web Director」という仕事において、クライアントにどれだけ解り易くサイトの概要を話しできるかが重要になってきます。
それができなければ、私の存在価値など無いです。
自分自身もっともっとクライアントの要望に耳を傾け、その対応策を練りそれを実際に話たり見せたりして理解してもらう流れを確立しなければ一人前ではありません。
今の『BUZZCOM』としての私達は、誰も守ってくれる人なんていません。
自分の失態は自分の失態でそのまま100%または120%になって自分自身に返ってきます。
それだけに一つ一つの仕事に対して切迫感を忘れず持ち続ける必要があるはずなのに、時々見失う自分も居たりと・・・。
前にも述べましたが、意識を高く持ち続ける事が大事ですね。
今は自分の人生においてがむしゃらに突っ走る時期なのだろう。

以上、本日のbeyanの独り言でした。

「プレゼン力」への19件のフィードバック

  1. こんばんは(^_^)
    プレゼン力については、私も近々ブログにアップしようと考えています。
    私自身がコンサルタントとして色々経験してきたこと、海外の大学院での体験談も交えてお話しできたらと考えています。
    しかし、プレゼンテーションは私にとっても、資料作り、伝え方を総合的にいかに演出していくかを日々考えていますよ。

  2. 実はアーティストとして一番必要なのはプレゼン力なんです。そして、多くのアーティストと名乗っている人に一番不足しているのは、この「プレゼン力」なのです。

    何かを作る仕事というものには必要不可欠なモノだと思います。お互い頑張りましょう。

  3. Fujimuraさんどうも!
    BlogのUp楽しみにしています!
    やはりこういう事はどれだけ普段から考えていれるかが問題ですよね。
    いきなり提示できるモノではないでしょうから・・・
    もちろん慣れもあるのでしょうが。

  4. だいさんどうも!
    確かにアーティストの場合は、自分のプロモーションを自ら行わないとダメですもんね。
    どれだけの自分の思いを相手に伝えられるのか?それはそれで難しいですよね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>