え!?肥満防止は睡眠?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

891439_95915740.jpg

何やらフランスの研究で、いつもより1時間長く寝ることが肥満防止につながるかもしれないことが明らかになったそうです。
また、睡眠不足の場合、どうしても太りやすくなってしまうのだとか・・・。

———-記事抜粋———-

睡眠とホルモンに関連があることを受けてのことで、1日4時間の睡眠を2日繰り返した睡眠不足状態の場合、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」が18%減少する一方で、食欲を増進させるホルモン「グレリン」が28%増加するとのこと。

これにより睡眠不足によって空腹感が23~24%増えるため、1日に食べる量が350~500キロカロリー分増えた結果、座っていることが多い若い世代の成人の体重を大幅に増やす原因になるとしています。

なお、アメリカの大学における研究でも、睡眠時間が少ない子どもが過体重または肥満になる確率は、十分睡眠を取っている子どもと比較して92%高くなることが明らかになったそうです。

ちなみに気になる理想的な睡眠時間ですが、5歳未満は11時間以上、5歳以上10歳未満は10時間以上、10歳以上は9時間以上とのこと。

———-抜粋終了———-

現代社会に生きる我々としては、かなり難しい数字だと思いますがこれで痩せるならチャレンジしたいですね。
こういう科学的数字を根拠に出されると妙に説得力が出ますよね。
ってなわけで、私と同じくダイエットを心がける方は是非安眠を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>