ペルソナ~PERSONA~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きなゲームはいくつかあります。
その中でもドラクエやFFはかなりお気に入りです。
そんなお気に入りのゲームを超えるゲームがあります。

ペルソナ

真・女神転生シリーズというRPGゲームがあります。
その外伝的シリーズがこの『ペルソナ』です。
今までで全部で4作品がリリースされていて今はゲームを元にテレビアニメまで放送されています。

ペルソナ~トリニティ・ソウル~

簡単にこのゲームを説明すると、主人公たちが「ペルソナ」と呼ばれる特殊能力(守護霊的なモンです。)を行使して悪魔たちと戦って成長していくというゲームです。

過去のペルソナシリーズ

女神異聞録ペルソナ

女神異聞録ペルソナ

—–ストーリー抜粋—–

主人公は、御影町という街にある聖エルミン学園に通う高校2年生の少年。
最近この街には「佐伯エレクトロニクス&バイオロジカル&エネルギー・コーポレーション(通称:SEBECセベク)」という怪しい雰囲気を持つ会社が進出しており、住民たちはその存在を不審に思っていた。

文化祭の準備中、「ペルソナ様」と呼ばれる儀式を行ったために、意識を失ってしまった主人公たちは、クラスメイトの園村麻希の見舞いを兼ねて、精密検査のために御影総合病院に赴く。
しかし、その見舞いの最中、病院に大きな異変が起こる。
巨大な揺れが病院を襲い、通路は迷路のようになり、霊安室の死体が蘇った。
しかし、蘇った死体に襲われた時、少年たちの体から湧き出る不思議な力があった。
ペルソナ使いとしての覚醒である。

ペルソナを使い、やっとのことで病院を脱出した少年たちであったが、異変は病院だけでなかった。
街全体が不思議な力場に覆われ、街から出ることも入ることもできなくなっており、しかも悪魔たちがあちこちに出現していた。
少年達は、「ペルソナ」を使い、この異変に立ち向かっていくことになる。

—–抜粋終了—–

ペルソナ2 罪

ペルソナ2 罪

—–ストーリー抜粋—–
前作の「セベク・スキャンダル」と呼ばれることになった、御影町の事件より3年後。

海に面した大都市である珠閒瑠市では、とある噂がまことしやかに流れていた。
主人公が通う高校である「七姉妹学園(通称:セブンス)」の校章を身に付けていると顔が崩れてしまう。
自分の携帯電話から自分の携帯番号へ掛けると、夢を叶えてくれるという怪人・ジョーカーが背後に現れる。
更には街に流れている根も葉もない噂が現実化してしまう等……。

「ジョーカー様」と呼ばれる儀式を行ったことがきっかけで、ジョーカーに深い恨みを抱かれていることを知った主人公たちは、彼に恨まれる原因となった過去を思い出すために、ジョーカーから差し向けられる悪魔たちと戦っていく。
—–抜粋終了—–

ペルソナ2 罰

ペルソナ2 罰

—–ストーリー抜粋—–
珠閒瑠市内では、街に流れている根も葉もない噂が現実化してしまうという、不可思議な現象が起こっていた。

キスメット出版発行のティーンズ向け情報誌「クーレスト」の編集記者・天野舞耶は、七姉妹学園の取材中に殺人事件に遭遇し、自分の携帯電話から自分の携帯番号へ掛けて呼び出し、恨んでいる人物を代わりに殺してくれるという怪人・ジョーカーから命を狙われていることを知る。
たまたまその場に居合わせて事件に巻き込まれた親友の芹沢うららと刑事の周防克哉、ジョーカーの正体を知っているという盗聴バスター・パオフゥと共に、ジョーカーの行方を追いかけていく。

—–抜粋終了—–

ペルソナ3

ペルソナ3

—–ストーリー抜粋—–
2009年4月。
10年前に両親を事故で亡くし、親戚に育てられた主人公は、家庭の事情で小中高一貫校「私立月光館学園」の高等部に編入することとなった。
しかし、学生寮に入寮して間もなく、彼は異形の怪物・シャドウに襲われ、秘められていたペルソナ能力を覚醒させてしまう。
それがきっかけで、主人公は隠された世界の真実の一端を知らされることになる。

—–抜粋終了—–

そんなこのシリーズに最新作がリリースされるとの事!
Webサイトも出来上がっているようで、前作の『ペルソナ3』のWebサイト独創的でデザインも面白かったのですが、今回の『ペルソナ4』のWebサイトも良い感じです。
↓こんな感じです♪

ペルソナ3

ペルソナ3 Webサイト

persona4.jpg

ペルソナ4 Webサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>