英之 川辺の本当にあった怖い話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dsc_0495.jpg

今回は実際に私が体験した怖い話をご紹介致します。
今回のお話、実はつい先日起こったものです。

それは、いつも通り仕事を終え車を自宅の地下の駐車場に入れエレベーターに乗ったところで起こりました・・・。
エレベーターの中に入りボタンを押し扉を閉めエレベーターが動き出した瞬間にヤツは現れました。

カサ、
 
 
 
 
 
カサカサ、
 
 
 
 
 
カサカサカサ、
 
 
 
 
 
カサカサカサカサカサカサカサカカサ・・・・・。
 
 
 
その音の先には何とあの誰もが嫌いな虫。
ゴキブリ」が・・・。

それから何秒経ったのか、私にはわかりません。
微動だにできず、私はただただゴキブリと睨めっこ。
あのエレベーターという小さな密室の中にゴキブリと一人と一匹っきり。

私の心の中では、「動くな!動くなよ!」「飛ぶな!飛ぶなよ!」とこの言葉の繰り返し。
しかし、その言葉もむなしく動きに動きまくるゴキブリ。
ゴキブリが左に行けば、私は右に。
ゴキブリが右に行けば、私は左に。
それを幾度か繰り返すうちに扉が開きました。

そうです。
エレベーターが私の自宅の階に到着したのです。
もう、それはそれは大喜びで出ようとした瞬間ヤツもそれに気付いたのか一番やってはいけない事をしでかしました。

「ブーン!」

伝家の宝刀、飛翔です。
私の方に一直線に飛んできたのです。
もうその時の私のレスポンスはロナウジーニョよりも上だったでしょう。
紙一重でヤツをかわし何とか無事に帰宅を果たしました。

もう私は怖くて怖くて自宅のマンションのエレベーターには乗れません。

「英之 川辺の本当にあった怖い話。」への23件のフィードバック

  1. 自分の身長より上にごきぶりが来た瞬間、人間とごきぶりの形勢逆転に。。。
    うちは去年毎日ごきぶりと家で戦ってましたが奴は賢い。。。殺せずどっかにいきました。。。
    怯えながら生きてます。
    エレベータは嫌やな。。。
    よぉたえたなぁ★

  2. お!
    久々やねぇ~。
    家の中での戦いで逃亡されるのは一番の悲劇ですね。
    電気を消すのも怖い・・・。
    尾を引くという意味では、エレベーターの方がマシかもね(汗)。

  3. 今年はホウ酸団子を死ぬほどおいた。窓、ベランダ、玄関外。死ねと言わんばかりにバリアはってる。
    去年は帰ってきた時にどこにいるかわからんくて恐すぎて電気つけてねたし。。。

    ってか最近元気してるかぁ?

  4. みんな体育館とっても来れへんもんなぁ。。。
    王子やったら安いし王子は?
    うちは週3〜4バスケしてるで。
    また千秋楽で集まりたい★
    たいたんが住吉に引越してきたのにメリットないって、寂しがってたよ。

  5. タイタンの引越しは完璧に時期を間違えたね。
    当時していたらかなり遊べていたやろうけど、今となっては・・・。
    王子でも俺は構わんけど、どうなんだろうか・・・・・・。
    また、オイラが立ち上がらねばならねぇのか?

  6. ほんま間違えてる。
    王子は安いからもし人数そろわんでも痛手は背負わんやろ★

    宜しくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>