それって常識?非常識?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img.jpg

こうして社会人として生きていますと様々な常識、そして非常識な事にぶち当たります。それは、もちろん私だけでなく皆さんも同じでしょう。そんな中で私が最近出会ったり考えさせられたりした常識、非常識をブチまけたいと思います。

早速1つ目ぇ~!
先日我々BUZZCOMが保持しているサーバーダウンの時のサーバー会社とのやりとりの話です。○○社の専用サーバーを保持していたのですが、未明に突然原因不明のサーバーダウン。当然そうなれば、緊急事態な訳です。数多くのクライアントの方達にご迷惑が掛かる訳です。そもそもサーバーがダウンすると何が起きるのか?簡単に一言で申しますと、そのサーバー内に保持されているサイトの閲覧が不可能になる訳です。まさに緊急事態。そんな事態にも関わらずサーバー会社さんはのんびり。電話を掛けても、「電話応対のサービスは行っておりません。メールにてご連絡下さい。」との事。この時点で“イラッ!”とはしましたが、最初は言う通りにメールにて連絡を行いサーバー会社からの連絡待ち。しかし、待てど暮らしど一向に連絡はなく再度メール。それでも何の反応もありません。朝一に連絡したメールから初めて折り返してきたメールは15時過ぎ。その間何のリアクションもなく、ようやく来たメールにも何の詳細は書かれてなく再度メールをしても反応はない。それで堪忍袋の緒が切れた私は、電話番号を必至に調べ上げ直接電話をして担当者との対応の悪さについて話した上で一刻も早く復旧するように伝えると、その一時間後に復旧。“ほんまにどないやねん!

長々と書いてしまいましたが、こういう受付サービスが常識的なのでしょうか?インターネットの時代だから当たり前なのでしょうか?私の中では、「考えられへん!(まさにキム兄の口癖が出てしまいました。)」。

続いて二つ目ぇ~!
今度は短めに!銀行についてです。これは以前にも書いた事なのですが、銀行からお金を引き出すのに時間外手数料が掛かるのは、まだ良いとしても預け入れについて何で時間外手数料が掛かるの?

預金をしてあげている訳なんだから、感謝こそされお金を取られるのは筋違いだと思うのですが・・・。普通の会社では、考えられない仕組みな訳で・・・。

まだまだ書きたい事がありますが、あまり長くなりすぎても何なのでこの辺りで本日は締めに入りたいと思います。常識ってそもそも誰が決めるねん!と思います。ただ常識を外れな事をするとその人個人的なものであれば、その人さえ良ければ問題ないのかもしれませんが、企業や組織としてそういう事を行えば信用問題にもなります。その辺りは日々気を付けていかなければならないと思っています。しかし、私もバカなのでどこまで出来ているのか不安ではありますが・・・。

「それって常識?非常識?」への4件のフィードバック

  1. この間も、ある家具屋さんで、店員さんではなく、お客さんで凄い方がいらっしゃいました。

     「 はっ??? 」と思うぐらいの。。。

     

    でも、最近は 『 ムカっ!! 』の前に
    『 あ~~~。。。 残念な人やなぁ、、、 』と思うようにしています。

    でも、それが仕事なら、怒っても結構だと思います。
    尚且つ、理路整然と言葉を述べていくと、より良いと思われます。
    その対応がそこでは当たり前になっているのでしょう。
    だから、たまには ”喝!!!” ですよ。
    解ってもらいましょう。被害者を1人でも減らすために。。。

  2. あきらはしもとさんどうもです。
    最近怒りBlogが多くてちょっと自分でも嫌になりますが、書かずにいられない性分みたいです(苦笑)。
    でも、さすがはあきらはしもとさんですね。
    私は、おそらく「残念な人やなぁ。」と思えるだけ度量が大きくないですね。
    すぐに言っちゃうタイプです。
    ただ、私も限度があってそれが越えるのはよっぽどの場合だけなんですが・・・。
    でも、人の気持ちを理解するように少しでも考えていれば、こんな人達が出てくる事はないんでしょうけどね。

  3. いやいやいやいや。。。。
    度量は一合枡より、ちっちゃいです。
    5年ほど前までは、ギンギンに怒鳴っていましたね。。。
    楽器屋の従業員とか飲食店の従業員とか。。。
    今から考えると、お恥ずかしい限りですが。。。

  4. そうなんですか?
    今のはしもとさんを見ているとそんな感じは伺えませんよ!
    けど、ホント店員さんで“ありえない人”って結構巡り会っちゃう事ありますよね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>