綾辻行人の館シリーズの「十角館の殺人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jukakukan

古い小説です。『綾辻行人』の館シリーズの記念すべき第一作目にして同作家のデビュー作である「十角館の殺人」。学生の頃に一時ハマったミステリー小説。

小説自体あまり読まないのですが、その館シリーズである「十角館の殺人」、「水車館の殺人」、「迷路館の殺人」、「人形館の殺人」、「時計館の殺人」を読んでいました。そんな私が先日東京出張の折り、新幹線の中での時間潰しの為にこのシリーズを久方ぶりに購入しました。

題名は「黒猫館の殺人」。今は全て読み終えましたが、やはりシリーズならではの登場人物が登場、深まる謎。全てが魅力満載!ちなみに見事、私の推理は大外れでしたが・・・。

という感じに館シリーズを読んで久々にその面白さにハマってしまい今は「暗黒館の殺人」を読んでいる最中なのですが、やはり一番はシリーズ第一作目である「十角館の殺人」ですね。少し反則気味な感じの謎解きもありますが、見事にハマりましたね。ミステリー好きの方なら読んだ事があると思いますが、まだ読んでいない方には是非オススメです!

館シリーズ

推理作家の島田潔が、今は亡き建築家・中村青司が建築に関わった建物を訪ねていく。そこでは、不可解な事件が……。

十角館の殺人

1986年3月26日、大分県K**大学・推理小説研究会の一行は、角島(つのじま)と呼ばれる無人の孤島を訪れた。彼らの目当ては半年前に壮絶な四重殺人事件が発生した通称・青屋敷跡と、島に唯一残る「十角館」と呼ばれる建物である。彼らはそんな島で1週間過ごそうというのだ。

一方その頃、本土では研究会のメンバー宅に宛てて、かつて会員であった中村千織の事故死について告発する怪文書が送りつけられていた。怪文書を受け取った一人である江南孝明は、中村千織の唯一の肉親である紅次郎を訪ねる…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>