「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に対する所懐。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eva


2010年に続編が公開されるか未だ定かではありませんが、とりあえずその続編を我慢する為にも一刻も早く、この『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のDVDを発売して欲しいものです。

何度かこのブログでも書きましたが、今回のみどころはやはり新キャラの登場に新展開のストーリー。本当にアッという間に終わって見終わった時の感動は今でも忘れていません。

img_01


とりあえず始まる前にパンフレットを購入していたのですが、このように表紙だけでこの衝撃的な事に・・・。

img_02


次にこのネタバレ注意の表示・・・。普通映画のパンフレットでこんなのありますか?私はあまり普段パンフレットは購入しないのでわかりませんが、おそらくないのではないでしょうか。

今から思うと警告通り見なくてよかったと思いましたね。映画を見終わってから中身を自宅に帰ってゆっくりと見てみると、もう一度見に行こうと思わされ、そこでどうやら術中にハマってしまったと自覚しました。

今回は、そのパンフレットの中身を紐解いてみたと思います。

img_03


まずは新キャラのマリの登場シーンがババーンと出ています。迫力ある戦闘シーンからこの映画は始まりました。テレビシリーズを知っている人ならご理解頂けると思いますが、この始まりからしてまったく新しいエヴァなのです。

img_04


そして、物語は進みヒロインの一人アスカのご登場!しかし、この「」ではこれまたテレビシリーズではありえなかった運命を辿ります。それは、テレビ版では主人公碇シンジの親友である鈴原トウジが使徒に取り込まれる訳ですが、それが何とヒロインであるアスカになる訳です。その理由もパンフレットに載っていました。その理由を要約するとアスカに対してのエピソードが元々少なく更にマリという新キャラまで登場したので、今回のような展開にする事でアスカというキャラを活かしたとの事です。

確かにそう考えれば合点が行くのですが、この展開に不満を持ったファンが上映中のスクリーンを切り裂くという事件まで起こりましたね(汗)。ここまではさすがに制作者サイドも読めなかったでしょうね。

そして、映画のクライマックスである最強の使徒であるゼルエルとの対決。テレビシリーズでは、シンジが乗った初号機が暴走しゼルエルを食って取り入れるという、これまた視聴者に衝撃を与えました。

img_05


これがまた全然違う展開に!綾波レイが登場した零号機が逆にゼルエルに食われ、アスカではなくマリが弐号機に搭乗し今まで見た事ないエヴァに変形させます。それがビーストモード!名前の通り野獣のようになって攻撃するのですが・・・。

そして、最後に月からMark.06に搭乗した渚カヲル君がご登場!しかも、ロンギヌスの槍を初号機に向けて投げつけて。そこで、一言!「今度こそ君(碇シンジ)だけは幸せにしてみせる。」と相変わらずの理不尽な終わり方で終了!

img_06


前回見る者を騒然とさせた次回予告。この内容もパンフレットに掲載されていました。この「」を見た私もまったく展開の予測がつかない内容がズラリ。

レイもシンジも取り込んだまま凍結されて2人は大丈夫なの!?

ネルフのみんな幽閉されちゃうの!?

エヴァ8号機って一体何体エヴァは出てくるの?っていうか7号機は無いの!?

ついに集う、運命を仕組まれた子供達ってやっぱりチルドレンの事!?

もう考え出すと次回作である「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」見たくなってしまうよー!と言ってもまだ公開日は未定。下手すると2年後とかになったりして・・・。χαραの皆様、一日も早い公開お願いしまーす!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>