日本人として日本を想う心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今週はずっとバタバタしていたので、先週の日曜日に放送された龍馬伝を昨日チェックしました。たかがドラマと思われるかもしれませんが、ジーンっと胸が熱くなり込み上げてくる衝動にかられました。

明治維新に向けて走り出した日本。新たな時代には新たな仕組みが必要。更にその仕組みを組み立てるのには、諸外国からの圧力も関係し時間がなく混沌した時代。自らの命を顧みず日本という国のためにのみ尽力を注いだ人物達。日本人としての誇りを持ち、圧倒的な軍事力を持つ諸外国に立ち向かおうとする勇姿。今の日本人にあるでしょうか?

今回上部に貼付けてある動画は、まさにそんな日本人の3人の男達が描かれています。命がけてで国の為に死力を尽くした人達に今の日本を見せる事はできるでしょうか?

政権交代。明治維新の再来とまで発言した政治家やメディアがいましたが、そんな輩は今すぐ駆逐されればいい。あまりにも失礼極まりない。私達は、もっと過去を歴史を勉強し、日本人としての知識を誇りを持つ必要があります。

今から書く事はあくまで私個人の考えであり、乱暴な見解かもしれませんが、敢えて書かせて頂きます。

私も受けてきました教育。この教育に関して、最近凄く疑問に思う事があります。それは、あまりにも近代史に対して日本の歴史の流れが簡略化されているところです。この話をとある高校の先生に聞いたところ、「非常に難しい問題で自分も疑問に思うところは多くある。しかし、一番は授業の時間が少ない事だ。」と言われました。

この事を聞いて、皆さんどう思われますか?私は、クロマニヨン人やら大陸の事やら人類学の歴史も大事なのかもしれません。しかし、そんな事よりももっと重要な事が近代史には私はあると思います。時間がないのであれば、要点だけで省けば良い。そして、興味のある人間はそこから大学などで専門分野に進めば良い。近代史に関しては、日本人として絶対に必要な知識がいっぱいあります。今行われている領土問題においてどれだけの人が正しい歴史的経緯を知っていますか?私もはっきり言いますが、まだまだ勉強中です。その勉強中の私は、調べれば調べる程驚きの事実で、学校教育で受けた物とはまったく違う解釈に結びつくものだってあります。

確かに歴史的解釈というのは、人それぞれあります。左もいれば右もいる。日本が悪いという人もいればそうでないという人もいる。それはそれで私、構わないと思います。何故ならどちら側にしろ日本の事を考えての事なんです。そんな私が今一番許せないのが、このような話合いさえできない教育のやり方は、間違っているのではないでしょうか。

現在の10代や20代には愛国心という物がない。典型的な自虐史観である事が根底に強く根付いていると言われています。ならこれを改める教育を行う事が急務なのではないでしょうか。もし、国が動かないのであれば、私たち一人一人がその努力を行う必要があるのではないでしょうか。私たち国民が強くならなければならない時代はもう来ています。中国や韓国に北朝鮮、更にロシアは現に日本の領土を堂々と脅かしています。現に竹島は実行支配され、尖閣諸島では中国に攻撃され、北方領土においては、悠然と大統領が視察。今の政府では黙っていれば、このまま済し崩しにされてしまい、国益はドンドンと損なわれていきます。そのツケは、他でもない私たちに降り掛かってきてしまうのです。

古い体制を駆逐し、新しい仕組みを構築する必要があります。明治維新で行われたように、各々の立場関係なく国を想う心が国を変えると私は信じています。私もできる事から何か行っていきます。皆さんも、ほんの少しだけこの国の事を考えてみては如何でしょうか?後、考えもまとめずぐだぐだと長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

「日本人として日本を想う心。」への19件のフィードバック

  1. 僕は勉強嫌いでしたから教科書は読みたいところだけ読んでいました。
    その読みたいところこそ近代・現代史です。
    正に日本の第二の夜明けといったところでしょうか。
    縄文時代、平安時代などはるか昔のことを知ることも大事です。
    でも僕にはピンとこなかったんでしょうね。
    おかげでこんな人間が出来上がりました。
    でも良かった。僕は日本が大好きですから。
    斜に構えて日本はアジアに多大な損害を与えたから謝罪しなければとか、
    未だにありもしなかったいわゆる従軍慰安婦のことをいそいそと調べたり
    尖閣諸島や竹島北方四島が本当に日本の領土なのか疑わしいなど、
    インテリぶって知ったようなことを言って
    悦に入っている奴等と同類にならなくて良かったです。

  2. 昔、おもろい事を聞いた事があって…
    『学校で近代史に時間を割けないのは、カリキュラム上の問題と生き証人が存命ならば直接聞ける。』という事やった。
    極端に言えば、大正以降の歴史を事細かく教える事で、異論が出てくる可能性が多かったからとも考えられる。それ以前の歴史なら、生き証人が居ない為に“仮説”としての異論しか出て来ないから。
    政治的に、都合の悪い部分が最も多いのが明治から終戦までの歴史。
    ある程度オブラートに包む事で、核心に触れにくくしてるのかもな。
    欧米などは、大昔の事よりも近代の事により多くの時間を割いて教育してる。
    まぁ、アメリカの場合は、近代からしか歴史が無いからしゃあないねんけどな。

  3. おっしゃる通りですね。
    まさに教育ですよ、日本に欠けてるのは。
    ベルギーの幼稚園で見かけた光景ですが、列をなして、国旗をもって先生を先頭になんか言いながら校庭をぐるぐる回ってる。言ってる事はよく聞き取れなかったのですが、簡単に言うと、ベルギーすげえ!万歳!みたいな感じです。
    これ、フランスでもイタリアでもやってることらしいです。
    歴史教育ももちろん大事ですが、そんなん抜きに当然なんですよ。
    国を憂う気持ち、愛国心を持つ教育なんて。

    ワールドカップや祭典など特別なこと以外で国旗を持っただけで非難されるこのご時世、なんなんでしょうね?

  4. ひであきさん、コメントありがとうございます。
    私は恥ずかしながら、戦国時代に夢中でした(汗)。
    日本の伝統や文化を学ぶ為に歴史を学ぶ事が大事だと思いますが、そのバランスがおかしいんですよね。
    インテリぶってってところかなり頷けますね。
    大体こういう発言をする輩は、自分勝手な解釈をしったかぶりに講釈を並べる感じがありますから薄い感じがするんですよね(笑)。

  5. RINNさん、コメントありがとうございます。
    本当に世界的に見てもまぁ、珍しい国なんですよね、日本って。
    異論が出るなら出るで構わないと思うんですけどね。
    殊更、この国は言い争う事を苦手とする国民性だからかなぁ〜。
    しかし、そんな事言ってたら他の国に勝手な解釈の歴史を作り上げられてしまいますよね。
    だって、人ん国の教科書まで文句言ってくる馬鹿国家があるんだから。

  6. だいさん、コメントありがとうございます!
    国歌斉唱で君が代や日の丸を掲げるのを拒否し、あろうことか国旗を切り裂くような教師がいる国ですからね。
    そんな奴に子供の教育をさせて良いはずもないのに、已然続けています。
    クールが格好良いなどと言われるこの時代。こんな話をしている私なんておそらく普通の人から見れば、何熱くなってんの?って感じに映っているんでしょうけど。そんなの構いません!まずは来年靖国に参拝したいと思います!
    こんだけ偉そうな事を書いていて一度も行った事ないので(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>