「旬魚旬菜むらおか」で旭鳳の板木杜氏を迎えての日本酒の会。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬魚旬菜むらおか


すっかりと涼しくなり、これから更に日本酒が美味しい季節になって参りました!特にこれから燗酒がお好きな方には、たまらない美味しさを味わえる季節です。

10日の日曜日に参加者十数名の日本酒の会を行いました。場所は、神戸灘区水道筋商店街にある『旬魚旬菜むらおか』さんです。「旬魚旬菜」という名前の通り、季節の旬の食材を使った日本料理のお店です。実は酒の店神興初の日本酒の会。メチャクチャ緊張してしまいました(汗)。

今回ご協力頂いたのが、広島県にある旭鳳酒造さん。そこから杜氏の板木博司杜氏に来て頂きました。板木杜氏は個性的で大変面白く酒造りの裏側まで実に様々な事を教えて頂けるので、私もいつも勉強させて頂いているお方。今回は、『旬魚旬菜むらおか』さんの料理に合わせて、旭鳳酒造さんの日本酒を選抜!実際に会に参加して頂いた方達に飲んで頂きました。

旭鳳 夏にごり

食前酒:旭鳳 夏にごり 21BY


もう季節は秋に様変わりしていますが、最初の日本酒は夏にごり。これがまた美味しいんです。微発泡していて、「とりあえずビール!」という人が多いでしょうが、私は今年は「とりあえず夏にごり!」という感じで最初の一杯目は、このお酒です!

旬彩


旬彩
・柿、占地、法蓮草白和へ・湯葉豆腐・ひし塩ゆで・子持ち鮎甘露煮・むかご松葉刺・揚銀杏・白茄子田楽・エリンギおかき揚げ・もって菊とんぶりとろろ和へ・南京生麩


やはり村岡さんの作る料理は凄く繊細でキレイ!感動してしまいます!!もちろん見た目だけでなく味も抜群です。特に私が「ひしの塩ゆで」は私初めて食べました。こういう新たな物に出会う瞬間幸せを感じます。

旭鳳 大吟醸酒 山田錦40%精米 21BY(冷酒)

日本酒:旭鳳 大吟醸酒 山田錦40%精米 21BY(冷酒)


村岡さんの美味しい料理に合わせる日本酒として、一番目に板木杜氏が選んだのが、山田錦の40%精米の大吟醸。いやぁ〜、これまた料理と最高のマッチングでした!これぞ大吟醸!という飲みやすくキレイなタイプの日本酒です。

吸物
・名残り鱧、松茸土瓶蒸し


いやぁ〜、やっぱり土瓶蒸し!この時期は土瓶蒸しに限ります!私土瓶蒸し大好きで、村岡さんの作った土瓶蒸しは実に私好みでした。鱧の味がしっかりと出ているお出汁と松茸の香り。そこにちょこっとだけ酢橘を搾ってお猪口で頂く瞬間、まさしく「日本人で良かったー!」と思いますね。

旭鳳 大吟醸酒 雄町50%精米 21BY(冷酒)

日本酒:旭鳳 大吟醸酒 雄町50%精米 21BY(冷酒)


土瓶蒸しには、日本酒!絶対に間違いないのない方程式!!コレ以外の飲み物は考えられません!!!で、それに合わせた日本酒がこの先程と同じく大吟醸です。と言っても使っているお米と精米歩合が違います。こちらは雄町米を50%精米した日本酒。雄町を使ったお酒らしく、スッキリとした癖のない飲み口がまた土瓶蒸しの香りと相まって最高です。

造り


造り
・鰹たたき、鱧ちり、太刀魚


やはりお刺身は美味しい!鮮度抜群のお刺身は、やはり良い物ですねぇ〜。おろしたての山葵やコダワリのお塩をつけて食べさせてくれるところが、嬉しいところです。

旭鳳 純米吟醸酒 雄町50%精米 20BY(ぬる燗&冷酒)

日本酒:旭鳳 純米吟醸酒 雄町50%精米 20BY(ぬる燗&冷酒)


こちらは鰹を意識してこちらの日本酒を選抜。実はこれ今年のお酒ではありません!去年醸造された日本酒なんです。蔵で一年−3℃の冷蔵庫で熟成させたお酒で、個人的にぬる燗(45℃前後ぐらいに暖めたお酒)が特に美味しく何杯でも飲んでしまえます(笑)。まさにこれからの季節ピッタリな一本です!

焼物
・鰻蒲焼(江戸焼き)


江戸焼き。有名なお話ですが、鰻は関東は背開き、関西で腹開きとさばき方や焼き方が違います。村岡さんは関東の焼き方。焼く前に一度蒸し器で蒸すそうですが、これがまた旨い!フワッとした鰻がもう堪りません!あっさり目のタレもまた日本酒により合うところがまた素晴らしい!

旭鳳 純米吟醸酒 八反錦50%精米 21BY(冷酒)

日本酒:旭鳳 純米吟醸酒 八反錦50%精米 21BY(冷酒)


この鰻に負けないように芯の強いしっかり目のお酒という事で、杜氏がご用意されたのがこの八反錦の純米吟醸。八反錦は広島の酒造好適米。そんな地元で取れたお米を使ったお酒。地の水と米を使用して作ったお米。不味いなんてはずがありません!杜氏の言われるように鰻との相性抜群でした!個人的には、もう少ししっかりとした感じのお酒で燗で合わせるのかと思っていましたが、ホント勉強になります!!

煮物
・飛龍頭、蕪、小芋、水菜、赤みずの実


日本料理と言えば蕪。蕪と言えば日本料理と言われますが、蕪を使った料理は美味しい。煮物を食べると何かホッとさせられますよねぇ〜。

旭鳳 純米酒 新千本70%精米 21BY(冷酒)

日本酒:旭鳳 純米酒 新千本70%精米 21BY(冷酒)


こちらは、旭鳳の純米酒。新千本というお米で、こちらは食米としても食べられているお米です。実は私個人的にかなり好きで飲んでいる純米酒の1つですね。本当に使い勝手の良いお酒で、料理に合わせる時、結構何でも合います。冷酒だけでなく燗酒としても楽しんで頂ける日本酒です。

デザート
・柿、梨、ぶどう、ゼリー寄せ


柿に梨にぶどうって・・・。もう旬の果物勢揃い!!ゼリー寄せという事で喉に通りやすくお酒を飲んだ後に最適でした。

こんな感じで料理と日本酒を合わせたコースだった訳です。料理の写真が全部なくて誠に申し訳ないです。実は、私も中に入ってスタッフとして、杜氏や村岡さんのサポートをさせて頂いたのですが、反省する事ばかり。もっとお役に立ちたかったのですが・・・悔しいです。一緒に行った私の日本酒の先生であり、人生の兄貴、また神興のもう一人の代表である有田にも怒られまくりでした(汗)(汗)(汗)。

もう杜氏は酒造りのため蔵に入ってしまうので、来年是非今回の反省を踏まえてリベンジさせて頂こうかと。また『旬魚旬菜むらおか』さんで、こういう酒の会が出来るように頑張っていきたいと思います!

最後になりましたが、『旬魚旬菜むらおか』さんの皆様と板木杜氏にお越し頂いたお客様。本当にありがとうございました!!!

「「旬魚旬菜むらおか」で旭鳳の板木杜氏を迎えての日本酒の会。」への38件のフィードバック

  1. 飲んだくれ親父さん、コメント頂き誠にありがとうございます!
    ご満足頂けましたか?
    これからも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>