「朝青龍引退」、「政治と金の小沢一郎&石川知裕」「キリン・サントリー統合断念」など様々なニュース。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近書きたくて書きたく仕方がない出来事が多かったのですが、なかなか書ける時間がなかったのでまとめて書きたいと思います。

貴乃花理事

まずは、「相撲協会貴乃花理事誕生」ですね。これはホントめでたいですね。やっぱり私は、「横綱=貴乃花」というイメージがあり、これだけ相撲に貢献した人は近年いないのではないでしょうか。

新弟子不足など深刻な相撲の若年層離れ。国技としての威厳が徐々に失われている歯止めになる1つのきっかけとなれば良いのですが。

相撲のファンが離れているもう1つの理由として、やはり日本人のスターがいないというのもあると思います。モンゴルを始め数多くの外国人力士が現れ、それらがまた日本人よりも強い。これでは国技としての認識が薄れても仕方がありませんよね。

朝青龍

この事について、以前引退した朝青龍が、精神面で勝負に対しての意識の差と言っていました。確かにそうかもしれません。外国人力士の中でもモンゴルは特に、日本で活躍して賞金などが入れば親戚一同孫三代まで食べていける程だとか・・・。そうなれば家族を食べさせる為という意識が生まれるのも理解できます。逆に日本ではそんな事ありえませんもんね〜。

こう述べた朝青龍自身も自ら起こした暴力事件で引退。人間お酒で失敗するのは理解できるのですが、暴力事件とまでなればさすがにキツイですね。詳細な事実は明らかにされていませんが、こう露呈してしまったら横綱としての責任が問われるのも仕方がないでしょう。個人的には、引き際は良かったと思います。

小沢&石川

引き際というところでは、引き際が最高に悪い人間がいますね。それが、「政治と金」の問題で注目を浴びている小沢一郎&石川知裕衆院議員。石川氏は民主党に離党届けを提出したようですが、議員辞職はせず。「そんなにも議員バッチに執着したいのか?恥を知れ!」と一喝したいところですが、上には上がいますねぇ〜。小沢一郎です。ホントにこいつだけは・・・。とんでもない人間ですね。我関せずといった感じでここまで白々しい態度をよく取れたもんです。依然として幹事長の席に何食わぬ顔で居座る。私達の国を動かす舵取りをこんな人間に任せて良いのでしょうか?今一度考えなければならないのではないでしょうか・・・。

KIRIN&SUNTRY

更に、明るいニュースになると思っていた大手飲料メーカーの「キリンとサントリーの経営統合」の破談。その原因は、統合比率。キリンもサントリーも両者の言い分はわかりますが、より良い商品開発、更にはこれからの世界に打って出るためにも良い話だったと思うのですが・・・。ホント残念です。

と、このようについ10日間ぐらいで様々な出来事がありましたが、もっともっと明るいニュースが欲しいですね。いつからこんなに暗いニュースばかりになったのか・・・。2010年はもうすぐ開幕する冬季オリンピックにサッカーのワールドカップが控えているだけに、ホント明るく楽しくしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>