マスコミの報道と原口や民主の馬鹿さ加減には、ほとほと愛想が尽きる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自衛隊 東北


私は、テレビで見るとすれば、ニュース番組にドラマ、アニメにバラエティーも見ます。多種多様な番組を見ます。自らテレビっ子であると自負しております。そんな私が今改めて感じている事を今日は書きたいと思います。

日本のメディアは本当に駄目ですね。あ!言い換えます。日本はメディアも本当に駄目ですね。です。どのチャンネルもニュース番組の内容はほとんど同じ。本当にその情報が重要な事であるのならば文句もいいません。しかし、あまりにもそれが不十分ではないのかと思います。

その理由は、もっと今回起きた地震で頑張っている自衛隊や消防などの活躍を報道しないのか。現場の取材を行わないのか。今一番評価されるべきなのは、自衛隊や消防でしょう。更に範囲を広げれば、この国家存亡の危機に乗じて日本の領海を脅かそうとする近隣諸国の危機から私たちを守ってくれている海保。そのような放送が、本当に少なすぎる!

そして、このような時に一方的な会見しか行わない総理に対して、もっと追求すべきなのでは?会見でも誰も追求しようとしない。それは自粛ですか?こんな時だからこそ、「政府はどう考えているのか?」「政府はこれからどのように対応するのか?」と国民の知りたい事を追求できるのはあなた方だけなんですよ?そんな事を理解しているとは到底思えないような、まったくの無抵抗ぶり。どうなっているんでしょうか。こんな事だからどのチャンネルまわしても同じ内容ばかりになる。

この国を一番駄目にしているのは、私自身常々マスコミだと思っています。自らの行動の責任を取らない。政権交代の勢いをつけさせたのも、マスコミ。そのマスコミにのってしまった国民に責任がないとは言いませんが、それを今度は民主叩き。あそこまで擁護していたのに、手のひらを返し方たるや・・・。

自民党政権時で麻生さんが総理だった時も、おぼっちゃん育ちだから国民目線は理解できないだの、漢字の読み間違いだの、しょうもない事ばかりをクローズアップ。あの人は、失策という失策はしていないと思います。それよりもリーマンショックという、とんでもない金融危機を乗り越える為に、経済対策ですぐにお金を出しましたよね。その辺りは、ほとんど評価せず、誰もがわかりやすいあげ足だけを取る。書き出すとキリがありませんが、そんなマスコミならいりません!

ビートたけしのTVタックル 原口 青山


と、思いつつも、久々に「ビートたけしのTVタックル」を見ました。この番組ある理由であまり好きではないので普段見ていないのですが、今回他に見るものもないので見てると、原口前総務大臣がとんでもない事を言っていました。

先日、行われてた冷却水を海に流した事について、実は外付けの覆水器、汚染水をフィルターに通して使う循環冷却システムがあると平然と言ったんです。これを先に設置すれば海へ汚染水を流す必要はなかったんだと。続いて、それを自分は用意できると。更にそれを各方面に進言したが無視されたと。更に更に、今もっとやりますよとしたり顔。本当に驚きましたね。

こんな事をテレビに出て、腐っても与党の人間が言う事でしょうか。この発言を聞いて、青山繁晴氏の怒りが爆発していました。汚染された水を海に流しておきながら、それを事前に防ぐ手段があったのにも関わらず、国はそれを無視して水をぶっかけ、その水を海に垂れ流す。普通では考えられませんよね。ただでさえ津波や風評被害で苦しんでいる漁業に止めをさすような事をした訳です。しかも、その範囲が東北だけでなく、日本やその近隣諸国に及ぼす可能性があるのにも関わらずです。現にこの汚染水に対して各国から批難されています。賠償問題にも発展する可能性はあります。そのお金どうするんですか?国民の税金ですか?

他人事のようにそんな事を言うな!」と青山氏に続いてメチャクチャ言いたい!結構テレビ見てて苛立たされる事は多いですが、このレベルはかつてない程でしたね。海さえ無事であれば、国がインフラを復旧さえすれば再開できるんですよ。その海さえも汚染されれば、本当に終わりなんですよ。この打撃は、漁業だけではありません。外食産業や家庭の食卓にだって魚が並ばないなんて事にもなるかもしれないんです。そんな重要な事をもし、ホントに無視したのであれば、これこそ大問題なんです。こんな事を良くしたり顔で発言できたな、と思いますね。

原口氏は、むしろ民主党の中では頑張っていて応援していた人なんですが、完全に信用できなくなりましたね。っていうか馬鹿です。無視されてそのまま水を掛ける前に、それこそクソマスコミ使って発言すれば、無視できなかっただろうに。出してしまった後で、そのような事を言っても始まらんでしょう。出してしまったものは、取り返しがつかないんですから。

にわかには信じがたい話でしたが、残念ながら事実なようです。一刻も早くアクションを起こしたかった政府が、やらしたという。実際にその無害化させる装置を設置なり造る時間は十分にあったが、そっちは後回しにしたという事です。

最初に「日本はメディアも本当に駄目ですね。」と言いましたが、言い換えた理由は、日本は政府もメディアも本当に駄目です。腐ってます。そう思っているからです。しかし、頑張っている人もいるんですよね。日本は捨てたもんじゃない!そう思わせてくれるような人が。同じように番組に出ていた自民党の小野寺氏の涙や訴えには感動しました。本当心から頑張ってほしいと思います。

下手なニュース見るよりも、こういうバラエティ見ている方が勉強になりますね。但し、それもまったく鵜呑みするのではなく自らの判断基準が必要なのは言うまでもありませんが。

「マスコミの報道と原口や民主の馬鹿さ加減には、ほとほと愛想が尽きる。」への5件のフィードバック

  1. 「放射能を無害化する技術」とは言ってませんでしたよ(苦笑)
    そんな夢のような技術があればここまで騒ぐ必要は無いでしょうに。
    原口が言ってたのは外付けの覆水器、汚染水をフィルターに通して使う循環冷却システムの事で、多分、上原春夫氏が発案したシステムだと思われます。

    海洋汚染の件ですが、ちょっと変だと感じています。
    基準値を超えた魚ってなんでしたっけイカナゴ?名前を忘れましたが、たしかあの小魚だけなんですよね〜。
    イカやサバ、アジなどの魚にも同じように発見されるのが自然なんですけど、そういう報道も無い。どうなってるんでしょう?

    あと放射能ですが、シーベルトやベクレルやらいろんな単位が出てきすぎる上に、最近では単位がケタ違いで何処までが安全なのかこんがらがってしまいますね。マスコミ自体、わかってないんでしょう。

    ですが、今回のような対応はほんとうに世界的にも評価を落としますし、国内でもかなりの風評被害を与えると思います。

  2. だいさん、コメント&ご指摘ありがとうございます。
    動画サイトで番組を見直してみました。
    仰る通りですね。こんな事を堂々と書いてしまって恥ずかしい。っていうか、名前を出しているとは言え、駄目ですね。今後はこんな事ないようにしたいと思います。
    ちなみにだいさんが仰っている魚はコウナゴという魚ではないでしょうか?
    もう1つちなみにこのコウナゴはイカナゴの別名ですので、合ってますよ。
    他の魚も基準値超えのものはいると思いますね。
    10日にカタクチイワシやシラウオを採取して検査しているようですが、私の知る限り検査結果はまだ報道されていないと思います。
    専門ではないのでわかりませんが、そんなに検査結果に時間が掛かる物なんでしょうかね。
    ちなみに放射能の単位ですが、ホントわかりづらいですよね。専門家でも意見が分かれているみたいです。
    日本政府は、情報を隠さず公開する事が大事だと思います。
    まぁ、隠しているのかそれとも把握さえできていないのか、わかりませんが、しっかりとしてもらいたいですね。
    でなければ、憶測だけが飛び交い、とんでもない事態になってしまいます。
    関係のない人達まで、風評被害に苦しむ。これはもはやれっきとした人災です。

  3. こんにちは。
    本当に現政権のばかさ加減にはあきれるばかりです。アメリカからの原発事故へのアドバイスを素直にすぐ聞いていればこんなにひどくはならなかったのではと思ってしまいます。アメリカと聞くと何でもすぐ拒否反応を示す管が総理だったというのは本当に不幸でした。
    話は変わりますが、私は長淵剛は見直しました。彼は、だれも行わなかった自衛隊員の慰問を宮城で行っていましたね。がんばっている隊員たちも喜んでいたようでした。やつはやるなあと感激しましたね。

  4. 日本を憂うさん、コメントありがとうございます。
    そして、返事遅くなって申し訳ありません。
    アメリカ以外にも各国から助力の要請が出ていたのに、全て断っていたみたいですね。
    長渕氏、良い事してましたね。
    自衛隊が今回一番賞賛されるべきだと思いますよ。
    暴力装置と呼んだあの人は今頃どう考えているんでしょうかね。
    何も考えてないか(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>