食べログ訴えられる!隠れ家が隠れ家でなくなった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べログ

今や知らない人がいないのではないでしょうか。多くの人が活用しているグルメ情報サイト「食べログ」。
実は、私このサイト嫌いです。なぜなら、実名ではなくハンドルネームで、勝手にお店を批評するというやり方がフェアじゃないからです。

お店を経営されている方は、皆さん商売でお店をやられている訳です。そこには、生活も掛かっている訳です。それぞれのこだわりを持ち、大なり小なり真剣に料理を我々客側に提供してくれている訳です。
それをウェブ上、ある種の公の場で批判するのは如何なものでしょうか?
まだ、良い内容を書くのならわかります。美味しい!この美味しさを他の人にも紹介したい!という気持ちで書くのであれば非常に喜ばしい事だとは思いますが、非常に酷く誹謗中傷するような内容についても書かれています。

食べ物なんて、所詮人それぞれ。万人が100点満点!美味しい!なんていう食べ物は存在しないと思います。
それでも、純粋に食べ物に対するコメントだけならまだしも、値段の事まで書く人がいます。気に食わないのなら行かなければいいんじゃないの?って思うのは私だけですか?それを敢えて、ウェブ上で酷評する必要性ありますか?

ましてや、投稿するのは一般人。別に食のプロって訳でもありません。そんな勘違いした人達が自らの素性も隠し、好き勝手投稿出来るサイトのシステムは許されるものでしょうか。

否、断じて否!

しかし、反対側でこのサイトで取り上げられて繁盛しているお店もあります。確かに素晴らしい部分もあるサイトだと思います。
だからこそ、敢えて思う訳です。あまりにも書かれる側と書く側の不平等な関係性は無視できないもので、改めて頂きたいと。

今でも問題になっている「やらせ書き込み」。これについても根絶はできないにしろ、Facebookのように実名登録制(一部例外もあります。)にするとか、ユーザのランクなどを設けて、ある一定のランクでないとコメントが反映されないようにするとか、削除依頼が入れば即それに応じるなど、対処方法はいくらでもあると思います。

それをしないのは怠慢ではないでしょうか。もはや単なる無料サイトの域を超えてる食べログ。本まで出版している訳ですから、無責任な運営は許されるものではないでしょう。

そんな中、先日大阪の飲食店が食べログを運営するカカクコムを訴えました。その内容は以下の通りです。

記事抜粋

グルメ情報サイト「食べログ」に「秘密の隠れ家」という営業方針に反して掲載され、削除の要請に応じなかったのは不当として、大阪市の飲食店経営会社がサイト運営会社「カカクコム」(東京)を相手取り、サイトからの削除と330万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したことが19日、分かった。

同日開かれた第1回口頭弁論で、カカクコム側は請求棄却を求めて争う姿勢を示した。

訴状などによると、原告側は大阪市内のビル2階でバーを経営。

あえて看板を置かず1階に鉄の扉を設置し、2階出入り口には「開けるな」との札を多数掲げている。
だが、店内は華やかなバーラウンジにしつらえるなど、ギャップで客を驚かせる演出を施しており、客には口コミサイトに投稿しないよう告知している。

原告側は取材に「食べログで確認して来店した人には店のサービスは意味がない。隠れ家の演出が台無しだ」と主張。
昨年9月に営業方針を伝えた上で削除を求めたが、カカクコムは「表現の自由」を理由に応じなかったため、提訴に踏み切ったという。

抜粋終了

実は私も提訴した飲食店さんと同じように、ある飲食店さんから削除できないかと依頼されて、問い合わせた事があります。
まったく同じような対応をされました。電話で話したいと言っても応じず、ひたすらサイトの運営方針をメールで送ってくるのみ。全くもって誠意が感じられない内容でした。

店舗側は、契約書を取り交わした訳でもなく、全く知らない間にアップされ悪口を書かれている。それでは納得できない店舗は、全国にたくさんあると思います。
「表現の自由」と言われますが、書かれる方の権利はどうなるのでしょうか。今回だけでなく、過去にも揉め事があるサイトなだけに改善されるべきでしょう。

私もこのブログで紹介する飲食店さんについては、ちゃんと許可を得て、撮影して記事をアップしています。黙ってこっそりアップするなんて、失礼でしょう。そう思う私は、少数派なんでしょうかね。

「食べログ訴えられる!隠れ家が隠れ家でなくなった!?」への4件のフィードバック

  1. 全くその通りだと思います。今はもう食べログの情報は見ないし信じません。

    ヤラセとか、イヤガラセとか、お金とか普通に見えないところで変な空中戦もありそう。

    食べログに限る話でもないかもしれませんが、モラルが欠如しているように感じます。

    載せるなら正々堂々実名で、しかもお店に許可をとってから。

    少なくとも新聞や出版社、著名の方々は影響力を自負されて、断りなく掲載しないと思います。

    「表現の自由」(これを聞いて驚きました…)大義名分に聞こえますが、食べログは履き違えていると思います。(ex.お客さまは神様ですを履き違えて大義名分にするかた)

    そもそもログなら川邊さんの仰る通り、自分だけ、もしくは仲間内だけで良いでしょうに。

    ハンドルネームでズケズケとよく評価できるなって。。

    と、話が最初にループしてしまいますが…(落とせないので…)

    激しく同意ということでシェアさせて欲しいです。

    この記事に拍手したいです。

  2. 利用しますよ。
    どんな店があるんやろ?程度で。
    で、ついでにレビュー読むんですけど、
    僕の場合は、レビューで左右されることないんですよね。
    むしろ、えらっそうに書いてる奴、こいつアホちゃうか?
    とある種ネタ的に読みます。
    結局、お店に行って、自分の五感で感じたり、
    知っている人がやっているから、例えばお料理が出てくるのが遅いとしても、
    「ええよ、急いでないから。」
    と言えるお店に行ったり、
    食べログのレビューを参考に店を選ぶことは100%有り得ません。
    まぁ、僕の食べログは川辺君ですね。
    川辺君と行く店は、どこも美味いから。
    こういった情報も使う人次第なのですが、
    使う人の質が均一じゃないから、
    発信側の常識が問われますね。
    隠れ家の情報を全世界に発信するって、
    面白くもなんともないジョークとしか思えません。

  3. 西出さん、コメントありがとうございます!
    仰る通り、食べログは大きく履き違えていると思います。
    表現の自由って言いますが、それなら何してもいいのか?って事になります。
    それに乗せられるモラルの低下が著しい投稿ユーザ。
    こんなサイトが堂々と運営されているか事自体がおかしい。
    ネットは自由な場です。しかし、自由ってある一定の不自由の上になりたっているものではないでしょうか。
    改めて頂きたいですね。

  4. 浜田さん、コメントありがとうございます!
    浜田さんの食べログが私とは。。。
    照れますね(笑)
    使う人次第なんですが、書かれる方としても、かなり気にされている方も多いんです。
    そりゃ、勝手に顔もわからない人に好き勝手書かれた日には、凹みますよね。
    先程のコメントも書きましたが、ネットは自由な場です。
    そんな自由な場だからこそ、人の事を思いやり考える事が重要なのではないでしょうか。
    浜田さん、また飲みに行きましょー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>