STAP細胞小保方晴子氏の一連の報道の真偽は?一体どうなのよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STAP細胞 小保方晴子

ずっと書きたかった内容ですが、全くわからない分野の話だけに、今まで避けてきましたが、先日の会見を見て、更にわからなくなりそうだったので、整理の意味も含めて書いてみたいと思います。

この世紀の大発見とされた英科学誌ネイチャーに発表されたSTAP細胞に関する論文問題。
この論文を発表したのが、理化学研究所の小保方氏を研究ユニットリーダーとする研究チームです。
その論文に様々な欠陥が見つかり、論文の撤回をすべきだと内紛が勃発する始末。外部からも、論文にしたがってSTAP細胞の開発を行ったところ成功しないという。
そんな最中、理化学研究所が研究ユニットリーダーである小保方氏、一人に責任があるとする調査内容を発表。
そして、この問題の中心人物である小保方氏が先日記者会見を開き、釈明と弁明。
と、大筋はこんな流れですよね。

この中で問題点がいくつかあると思います。

まず最重要問題が、STAP細胞が存在するのか?という点。
これに関しては、小保方氏が記者会見で「あります。」と断言。しかし、それを裏付けするような資料など一切開示されませんでした。
この事については、専門家からも疑問視されており、「科学者として説明になっていない。」という厳しい指摘をされるほど。

確かにこの点は、一般人としても、確かに釈然としませんでしたね。記者会見自体、ただの釈明会見って感じで、正直期待していたものとは違いました。すべての内容に発言を裏付ける証拠的なものは出てこないまま。。。
確かに同情を誘う点もありはします。本当に彼女だけが悪いのか?という疑問もありますが、これでは、説明になっていないと言われても仕方がありませんよね。
200回以上確認した」とも発言されましたが、どのような状態だったのかを具体的に表すデータとかって保存してあるんじゃないの?って逆に疑問に思ってしまいましたね。

次に、論文撤回のきっかけの要因となった画像の流用の点。
これに関しては、素人である私でさえ思います。完璧に故意であると。
サイト制作においても記事の転用などの際は、記事抜粋と書き転用先を明記します。写真などもそのまま利用する場合は同じです。ほとんどありませんけど。
それを論文で行うなんて、あってはならないことでしょう。
悪意はありませんでした。」といくら言っても、駄目だと思いますね。科学とは、嘘偽りないものだと思っています。こんな事が罷り通ってはならないでしょう。
この点が彼女を完全に信用できない部分ですね。

そして、第三者がSTAP細胞の開発に成功したという事例があると発言された件。
個人名は明かせないと会見では言われましたが、確かにあの場で個人名を明かせないというのは、わからなくはないですが、これが事実であるなら、改めて明かすべきだと思います。
確かにあの場で発言するのは、微妙だったかもしれませんが、これを証明する事ができれば、一気に問題解決へ向かう糸口になるはず。

余談ですが、インティナインの岡村隆史が、高須クリニック高須克弥院長に小保方氏の若返りをテーマにして、スポンサーをして欲しいとラジオで発言されたそうです。これに対して、高須院長は「気持ちはわかる」が「科学者はズルする人とは一緒に研究したくないですよ。これが芸人なら最高だけどね」と発言。個人的に物凄く納得できる皮肉たっぷりな説明だと感じました。

皆さんはこの問題どう思われますか?
世界から注目されたSTAP細胞。本来誇りを感じるべきことだったのが、一転!世界に恥をさらすことになってしまったこの問題。
皆さんも同じ気持ちでしょうが、STAP細胞を開発し、活用できるようになることを切に願います。

「STAP細胞小保方晴子氏の一連の報道の真偽は?一体どうなのよ!」への3件のフィードバック

  1. 僕も、小保方氏に対して思うことは色々ありますが、
    この方は職業を間違えましたね。
    絶対に政治「屋」になるべきです。
    これだけ見事に素人をたらしこむことができるんですから。
    今からでも遅くないから、次期参議院議員選挙出馬の準備をするべきですね。
    因みに、僕の住む選挙区で立候補しても、僕は投票しませんがw

  2. 浜田さん、やっぱりそうなんでしょうかね。
    私も当初は、彼女に同情的という見方をしていましたが、先日の記者会見で180度見方が変わりましたね。
    そういう意味では、見事たらし込まれたのかも(笑)
    政治屋とはうまい事いいますね!
    同じく投票しませんがwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>