全力で汗を流し感動を与えてくれている高校野球を否定する輩にもの申す!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園2014 夏

また、インターネットの嫌のところが出ましたね。
今、TwitterなどのSNSで論じられているようです。一部の心ない専門家や野球好きが、精一杯頑張って戦っている高校球児に対して、勝手な持論を展開し、否定しているのです。

超スローボールを投げる投手に対して、「ろくでもない大人になる!」、「投球術とは呼べない!」などと否定的に論じられるのはいかがなものでしょうか?
更に、93年ぶりにタイ記録を記録した高崎健康福祉大高崎の平山敦規選手。大差の試合で盗塁を決めた際に、「相手が可哀想。」、「相手に失礼だ!」などとSNSなどのネットで論じられたとか。

ルールの範囲内で編み出した投球に対して外野が何好き勝手言ってんねん!
いくら大差で勝っていようが、最後まで全力でする事が、スポーツマンではないのか!
もし、手を抜いて負けたらどうするねん!!

ってつい言葉を荒げて反論したくなります。
全力で走れ!とか、いつも言っているのに、何で全力で走って文句を言われなきゃならないのか。私が当事者なら絶対に思いますけどね・・・。
皆さんは、どう感じますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>