何の為の裁判なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡幼児3人死亡事故の判決が出ました。
その福岡地裁が出した判決とは、検察側が求刑した危険運転致死傷を否定。
業務上過失致死傷と酒気帯び運転の罪に当ると判決し、懲役7年6月の実刑としました。
ちなみに検察側の求刑は25年でした。

裁判官の言い分としては、「被告は事故当時、酩酊状態とはいえず、アルコールの影響で正常な運転が困難な状況にあったとは認めらず、被害者の車を事故直前まで発見できなかったのは、脇見が原因。」と述べています。
もちろん検察側はこの判決に対して控訴すると見られます。

皆さんはこの事件、そして判決についてどう感じましたか?
私は、少なくともこの判決には不満です。
この元福岡市職員 今林 大被告は、自分が事故を起こした事を自覚しておきながらその場から逃げています。
更に危険運転致死傷から逃れるべく隠蔽工作までしているのにも関わらず、適応されないような法律なら必要ないのではないでしょうか?
明らかに彼の当時の行動から考えても、被害者に対する配慮は見られず自分の保身のみ。
確かに事故直後の彼の様子は裁判所で検証するのは難しい事かもしれませんが、これらの行動を見て十分に判断できると思います。
今回のような判例ができてしまえば、この危険運転致死傷を適応できるのは事故直後に警察がアルコール検査を行いその数値でしか判断できなくなってしまいます。
そうなると当然今回のようなひき逃げや隠蔽工作に走る加害者が出てくるのは必至。
しかも裁判官は、この隠蔽工作ができたという事はそれなりの思考できる状態であり酩酊状態ではなかったと言っています。
そんなバカな話はないでしょう。

被害者の遺族の方達の事を思うと「何の為の裁判なのか?」「何の為の法律なのか?」と思ってしまいます。
以前にも述べた『死刑制度』についてもそうですが、今後の日本の裁判制度は考え直さなければならないのではないでしょうか?

「何の為の裁判なのか」への19件のフィードバック

  1. 極端やけど、飲酒運転が発覚した時点で、無期懲役にするとかは?
    なんか、極端なぐらいの方がわかりやすいし、こんなこともへるんじゃないかな。

    こんだけ飲んでるのに、事件後細い道を事故なく運転できてるから、
    酩酊状態じゃないって、判断されたらしいやん。
    あほかって、思う。
    人間は、どんな状況でも咄嗟に冷静になれたりもする。
    それを、正当化しようとするなんか、ずる賢いもん勝ちみたいやん。

    こういうのほんまに腹が立つ。
    もし、自分の子供やったとしても、この結果納得できますか?って、聞いてやりたいわ。

  2. 「酒気帯び」とかいう中途半端なモノがあるから問題になるんでしょうね。
    でも、逆にコレがなければ新たな問題が出てくるんですよね。
    全体の事を考えて冷静な判断が求められるのはわかるけど、それに限度があると感じさせるような今回の判決です。
    隠蔽工作を思いつくぐらいだったんだから、酩酊状態ではなかったなんて理由が遺族によくも言えたなって思います。
    かぴばらさんの言うように自分が当事者になったときにそれで納得できるのか?って事です!!
    そこまで考えている人しか裁判官になるべきではないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>