神戸が救おう、東北。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kobe_hisaisyaukeire

震災の体験をした者だからこそ、できる事。神戸から多くの救援物資が現地に送られているようです。昨日宮根誠二が出ているニュース番組で見ました。毛布や水に食料。多くの物資と一緒に励ましの手紙なども入っていました。人の優しい暖かな手紙。これを見て被災者の方々はきっと元気づけられる事でしょう。

更に神戸ならではの物資が紹介されていました。それは防犯ベル。治安悪化もあるでしょうが、高齢者の方に持たせて何かあった時の呼び出し音としても使用されるとか。考えられていますね。

私も先日負けずに募金しました。もちろん街頭の募金活動ではなく、ちゃんとした公共機関の募金です。街頭募金もしてあげたいけど、先日からの如何わしい集団の件がちらつき、どうしてもする気になりません。でも、誠実にきちんと募金活動を行っている人達もいるので、複雑な気持ちにさせられる事にだんだんと腹立たしい気持ちになってきています。

と話がそれてしまいました。被災者に対して支援を行っているのは、個人や企業だけではありません。府や県に市も動いています。兵庫など2府5県でつくる「関西広域連合」(連合長・井戸敏三兵庫県知事)は18日、東日本大震災の被災者を受け入れる一時避難所を、数万人規模で用意することを決めたようです。更に大阪府が2000戸、兵庫県が600戸など計約3000戸の住宅を実際に用意しているとか。こういうニュースを聞くと何だか誇らしく思います。

是非被災者の方々、神戸へ来て下さい。自らの住んだ町を離れるのは辛いかもしれません。ですが、今は安全の為にも是非お越し下さい。神戸も素晴らしく良いところですから。

「神戸が救おう、東北。」への10件のフィードバック

  1. 俺ら阪神淡路大震災経験者には、被災された方々をサポートするノウハウがある。心のケアから生活サポートまで。

    住み慣れた地元を離れるのは、相当の決断が必要やと思う。身内の消息が不明なら、なお離れにくいはず。

    決断の出来た方から順次、関西・東海にの余力のある地域に移り住んでもらう方が、被災自治体の負担が軽減できて、復興までの期間が早まるやろう。

    どうしても、地元から離れたくない方の為には、Twitterを通して可能な限りのサポートを続ける。

    仮設住宅や復興支援住宅などで、次々と孤独死を生んでしまった失敗を繰り返さん為にもな。

  2. RINNさんが注意される孤独死。
    当時から問題になりましたね。
    今も尚復興住宅で生活する一人暮らしの高齢者の方々の孤独死が、年にいくつか起こっていると聞きます。
    やはり地域のネットワークをより簡単により完璧に行える仕組みが必要ですね。
    ネットを使ってそれができれば私としては、最高なのですが。
    これから考えて行かなければならない事項。
    これもまた神戸だからわかる事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>