信念を持たぬ政治家は即刻立ち去れ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国会議事堂

年明けてまたクズ民主党政権は、国民との約束事、公約を破りましたね。2009年の民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記した「国家公務員の総人件費2割削減」について、衆院議員の任期満了である13年度までの達成は困難になったとして、公約内容を見直す方針を固めたと・・・。選挙の時は甘い事ばかり国民に述べ、実際は先送りか断念するばかり。こんな事で本当に良いんでしょうか?これじゃあ、ますます選挙に行く意味がないと思われても仕方がないのでは?我々国民を騙している訳ですから、最も罪深い行為です。

別にこの政策が必ずしも必要な事ではないと思いますが、一度公の場で吐いた事は最後まで責任を持つべきでしょう。それを先送りにすると述べただけで、具体的な説明もない。まったく誠意が感じられません。こんな事では、信じて政権を任せる事なんてできようもない。私はあくまで民主党に対しては否定的な見方が強いです。それでも、私の知らない良い政策やそれを実行、提案する良い人材は数多くいらっしゃると思っています。しかし、このような事ばかりやられていては、良い部分を見ようとしても、それを素直に認める事なんてできませんよ。

もっと強い実行力、信念を持って国家の為、国民の為に粛々と政権運営を行って下さい。

と、信念を持つというところでもう1つ!内閣改造で与謝野馨氏が経済財政担当相に内定しましたね。この人は一体なんなの?って思うのは私だけでしょうか?あれだけ民主党政権を批判しておきながら、大臣の椅子が用意されるやいなや、自ら作った党を離党し入閣。政治家というのは、自らの信念の基、国民国家の為に尽くすのではないんでしょうか。その姿勢に思想に国民は選挙で代表者として国会議員を選出しているのに、この人は・・・。

前総理に対して、「平成の脱税王」とまでなじったあれは夢か幻か?そこまで経済に対して適任者がいないのか?民主党!ホントおかしいです。この国の政治と政治家は。

「信念を持たぬ政治家は即刻立ち去れ!!」への8件のフィードバック

  1. だいさん、コメントありがとうございます!
    その質問をお答えするなら2通り言わせて下さい。
    現実的に言えば自民党です。
    理想を言えば真正保守政党を支持したいですが・・・。
    こないだ公明党支持母体の創価学会の人と話した時に、同じような会話になりました。
    民主党or自民党。この二者択一の選択しか我々にないというのが一番悲しい事です。
    ちなみにその学会の人は、公明党と言っていました(汗)。

  2. またまた長いですが、ご勘弁を(笑)

    んん〜、自民党ですか。。公明党というのはありえないから無視して(苦笑)

    僕も理想を言えば、真正保守政党ですが、そんな政党が頭角を見せる気配がないのが今の日本の政治の現状です。なので、現実を見て考えると民主党と答えます。
    何度も言うようですが、民主党支持者では決してありません。

    理由は売国党だと思ってた民主党よりも、調べれば調べるほど自民党の方が売国行為をはるかに行って来たからです。例えば、「竹島」。あそこを実行支配された責任は何も抗議せず、指をくわえて見てたのは自民党です。
    次に「靖国問題」を作ったのも自民です。中曽根さんが「靖国参拝をしてもいいですか?」と中国に質問した事から、これは外交カードに使えると中国に思わさせた事から始まっています。
    そして、尖閣諸島のガス田問題。安部総理が「尖閣諸島の試掘をしてもいいですか?」と何故か自国の領海なのに、ご丁寧に中国に尋ね、「そんなことをしたら軍艦を出すぞ!」と恫喝されてしまい、安倍さんは沈黙してしまっています。それなのに中国に屈するのは良く無い!と発言し政府を批判しています。
    あげくの果て、今の党首の谷垣氏も尖閣諸島漁船衝突事故では、拿捕するのは間違い!と言い、拿捕すらしない事を言っています。
    ざっと、これらの事をみただけで、十分、自民も危険な売国政党だと感じられます。まだまだあげればザクザクでてくるので、これ以上はあげません。

    それで、以前、このBlogでコメントした外交安全保障などの民主の政策をみていくと、今の民主党は、自民党より少しだけまだ保守党だと感じてしまうのです。少しだけですよ(汗)

    なので、今は民主党の良い政策は良いと認め、悪い所は悪いと、言い続けることで、良いのではないかと思います。
    だからといって、民主党がこのまま続けば良いなんて全く思いません。
    自民も何故、交代させられたかをきちっと理解、反省し、誠の保守党になる覚悟ができれば、自民党を支持したいと思っています。今の自民党では民主党と同じ、いや、更に劣化すると思います。

  3. おぉー、だいさん、再び長いレスありがとうございます!
    公明党無視しますw
    確かに自民党も自民党なのは認めますが、やはりどう考えても私は、民主党よりも「マシ」だったと思っています。
    民主党が一番駄目だという理由は、財源の確保もないのに国民に対し無責任な政策を打ち出し続け、挙句それらのほとんどが実行できずにいます。
    更にこの短期間で、重大なミスを内外的におかしている責任も大きいと思います。
    確かにだいさんの仰るように今の過去の自民党の過ちも大きくこれを無視できないのも確ですよね。
    私が許せない政治家の一人が中曽根氏です。
    この人が余計な事を述べたばかりに中国にいらぬ外交の戦略カードを与え、それが今のこの時代になっても大きく影響を及ぼしています。
    他の方々についても述べたいのですが、続けると非常に長くなってしまいそうなので、後一つ補足も含めて。
    谷垣氏については、この人では、今の自民党を再建する事は不可能だと思います。
    あくまで今、適当な人がいないので、とりあえず的な形の党首。
    挙句言う事のほとんどがピント外れときています。
    今自民党がやるべきなのは、党首を入れ替え、だいさんの言うように、もう一度初心に立ち返り、自らを見直し正す必要があると支持する私も思います。
    それが、今この野党という立場だからできる事だと思うんです。
    かと言って、民主党のような烏合の衆ではいけません。
    党内の議員達がそれぞれあちらこちら向いているようでは・・・。元々そういう集まりの党なので、仕方がないんでしょうがね。
    たらればの話ですが、今現在、自民党政権下であったなら基地問題もさることながら、それに端を発したとされる尖閣諸島や北方領土のような出来事は起きなかったでしょう。
    私が自民党を支持する理由として、これだけでも十分過ぎる理由だと思っています。
    という事なので、自民党では民主党と同じ、いや、更に劣化するというのは違うとは思いますが・・・。
    ただやはり第三党の台頭を望んでしまいます。もちろん保守で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>