公開しようとしなかった政府が一番悪いよ。尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人の人達全員がこういう人でないと思っています。思っていますが、今までのやり方やこの映像を見ると・・・。国際社会でも独自のルールで突き進もうとするエゴ国。この国は、本当に必要なのでしょうか?

でも、それに輪をかけて腹が立つのが、我が国日本。正確に言えば、今の日本の政府です。こんな一方的な映像があるにも関わらず即座に公開もせず、船長を釈放した事実。国際社会の笑い者です。私は日本人として本当に恥ずかしく思います。

この映像を見て皆さんは、どう思われましたか?国を守ろうと必死で戦っている人がいます。でも、その人達の努力を踏みにじる輩がいます。そんな輩こそ、排除すべきです。私は、そう思います。

「公開しようとしなかった政府が一番悪いよ。尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ」への12件のフィードバック

  1. なんでそう皆、政府に批判の目を向けるか理解できません。
    悪いのは領海侵犯した中国です。
    批判すべきはそこなのに、何故?

    国民もそうだけれど野党も領海侵犯に対しての、中国を批判する声明を出しませんでした。しかし、ビデオの流出の件に関しては責任追求するとしています。
    外から見てて本当おかしいですよ。

    国際社会の笑い者は日本政府ではなく、内向き批判の日本国民ですよ。

    責任を追求するのは中国の領海侵犯でしょうに。

    もうほんと、中国の思うつぼじゃないですか。。

  2. だいさん、コメントありがとうございます!
    あくまで、私個人的な考えですが、仰る通り悪いのは中国です。
    それは絶対にそう思います。
    それと、私も流出した事に対しての責任問題にすり替わっているのも納得できません。
    しかし、それも発端は日本政府の対応が遅く、船長を釈放。私だけでなく、あの時多くの日本国民が怒りを覚えたはずです。領海侵犯し、船をぶつけてきた証拠ビデオがあると当初から話が出ていたのにも関わらず、何の罪も問われず、只中国政府が抗議声明を出したので、釈放。弱腰外交にも度が過ぎませんか?
    この一件に関しては、さすがに私だけでなく、大半の人達が中国に批判的だと思います。
    でも、中国よりも身近に日本の国益を損なう政府がいれば、批判するべき相手が日本政府になるのはごく自然ではないでしょうか。
    本来、日本政府が頑として、自らの正当性を主張するべきなのに、それをしない。我々国民が中国対しいくら批判しても、彼らは見向きもしないでしょう。政府がしっかりしてくれなければ。
    確かに、だいさんの言う通り、中国の思うつぼというのは、悲しいけれど、間違いのない事実でしょうね・・・。

  3. 日本政府が出来ないから、国民がするんですよ。
    「我々国民が中国に対しいくら批判しても、彼らは見向きもしないでしょう。」て言ってますが、実際のところそこまでやってないのに決めつけるのはどうかと思います。

    あと、弱腰外交、日本の国益を失うと言ってますが、自民党政権時代からそんなに変わっていないと思います。
    自民党政権でも中国に屈するだけ屈して来た訳で、拿捕・逮捕・法的処置などしたことが無い。 ましてや国会議員にビデオの公開もしたことなど無いですよね。まぁ、国民には流出ですが。。(苦笑) にも関わらず、今まで自民党に同じような抗議をして来なかったのには大きな矛盾を感じます。

    …って、僕は民主党を擁護してるわけじゃありませんからね!

    ただ、今回、一番悪なのは領海侵犯した上にぶつかってきた『中国』な訳で、それで奴らが聞く耳持たんから政府を批判っていうのに疑問を感じるだけなんです。

    誠の国家というモノは「世論」が政治を後押しするモノです。
    なのでここは、国民(世論)が正論を通すべきだと思います。

  4. だいさん、コメントありがとうございます!
    確かに他の国であれば、暴動やデモ活動が各地で勃発してもおかしくないのかもしれませんね。
    一国民感情からすれば、民主政権になってから内容があまりにも酷すぎます。
    それは中国だけでなく韓国、アメリカに対しても。今回の件に対して中国が悪なのはもちろんですが、それはあくまで政府が訴える事であり、国民もその事を政府に訴える必要があると思います。
    今回のこの流出ビデオで国は流出した人の責任問題にしようとしていますが、私はそうでなくこの証拠ビデオがあるのにも関わらず、ひた隠しにしようとした政府に悪を感じています。
    そもそも、この問題に対して言えば、一つの問題だけではないでしょう。中国の領海侵犯の罪と日本政府の弱腰姿勢の結果生じた国の威厳の失墜。言わば国益の損失という罪です。
    で、私は後者が最も深い罪であると考えています。
    日本政府は、少なくとも日本国民、領土を守る義務があるのにも関わらず、その相手に対して何もせず、ただ噛み付かれたから釈放だなんて事どうしたって許せません。しかも決定的な証拠があるのにも関わらずです。
    私ももちろん、中国にはメチャクチャ腹が立ってます。というか腹が立っているぐらいでは収まらない程です。
    でも、私からすれば、それ以上に残念過ぎる政府なんです。

  5. ちょっと長くなりますが、宜しくお願いします(笑)
     まず、僕は民主党支持者ではありません。最初にはっきり言っときます。
    ご存知の通り民主党は鳩山政権から始まって、あのときは本当に危機感を感じましたが、代表選後、管政権に変わり、随分と変わった感じがします。
     特に外交安保に関しては自民党時代よりよくやってるように思います。
    まず、自衛隊の大幅な増強はもう何年間もなされて来ませんでしたが、政府に於いては増強計画が持ち上がっています。そほかにも中国を意識し、16隻体制で運用している海事の潜水艦を20隻超えまでふやす。東アジアの安全保障情勢や国際テロ、災害への対応能力を向上させるとして陸上自衛官の定員を15万5千人から16万8千人へ1万3千人増やす方向で調整。日米同盟深化に向けて11月のオバマ米大統領訪日を機に策定する「日米共同宣言」に、中国の脅威に対応するため、日本の潜水艦監視能力向上など新たな防衛協力を盛り込む方針を固める。オバマ米大統領の来日直後から、米海軍と海上自衛隊を中心に空母ジョージ・ワシントンも参加しての大規模な統合演習を実施。沖縄・尖閣諸島を含む先島諸島周辺海域で警戒に当たる水産庁の漁業取締船を、3隻から4隻に増やす。
    などなど、ざっとこれだけモノ、それ以上あります。
     次に領海侵犯した船長の保釈についてですが、これは中国の圧力に屈したのではなく、日本企業のフジタでしたっけ?その社員達が拘束されたのと経団連による圧力があったからです。
    そして、何故ビデオを公開することに躊躇したのかと言うと、中国に1万社も進出している日本企業を保護する為です。 中国に配慮したものではなく、日本企業に勤める日本人の安全と企業活動に配慮したものと思われます。
     上記の事を見ると今の管政権は本当に皆が言う弱腰政府、売国政府なのかと疑問を抱いてしまいます。もちろん、批判すべき点はたくさん、たくさんありますが、国益を考えてない政党ならこんな事をする必要なんて無いでしょう。
    むしろ売国行為はそういった良い面を見ずに悪い面ばかりを叩きまくっている輩の方なのでは?と、疑ってしまします。
     これは、他の方のBlogにもコメントしたことですが、一部のnetやマスゴミが叩き始めると、皆がそっちに向き始める。これは日本国民の悪いクセの様な気がします。マイナス面だけをみて、叩くことばかりでは日本、国家は安定しないと思うんです。
    僕は民主党支持でも自民党支持者でもありません。新政保守政党待望者というか、まぁ、真の保守政党が出来る事を強く願ってるんです。しかし、今の国民意識ではまだしばらくかかるのではないかと感じています。今の繰り返しが続くだけのような気がします。
     今の政権を擁護するつもりは全く無いですが、どんな政権でも、悪いところは悪いと言い、良いところは良いとフェアにはっきり言うことが新政保守政権の誕生に繋がると思うんです。なので今は、公平な観点をもち、分け隔てなくするべきではないのでしょうか?

  6. だいさん、長〜いコメントありがとうございます(笑)。
    私も返信に慎重に誠実にお答えしたいと思い遅くなってしまった事を先にお詫び致します。
    菅政権に対して言えば、無知蒙昧な輩が蔓延る政権であると私は考えています。その急先鋒が仙谷官房長官であり、菅総理自身であるとも思っています。
    まず、船長の釈放に関してですが、フジタの社員が拘束された事事態に対して、何故あの時にもっと大きな行動を日本政府は起こさなかったのでしょうか。仰るとおり経団連の圧力もあったでしょう。しかし、結果的に見れば、中国に屈したという見方になってしまうのは客観的に見ても当たり前の感情だと私は思います。実際のところは当人しかわからないところもあるので、断言はできませんが。
    更に中国の企業への配慮に関してですが、確かに小泉政権の時には、大変な苦渋を強いられたと当時中国に行っていたP社の知人が話していました。こういう外交問題(?)になると、すぐに現地で生活されている人達に影響が出てしまいますから、無視できません。しかし、しかしですよ。ちょっと偏った行き過ぎた発言になるかもしれませんが、その事を気にしすぎて本来行うべき事を行わないのもまた違うように私は思います。
    結局今回の事も、このような中途半端以下の姿勢を続けた結果招いたのではないでしょうか。普天間問題からのアメリカとの不仲。中国・韓国に物乞いするかのような外交。すべては、この政権交代以降の一年ちょっとでの行動の結果でしょう。
    確かに前首相の後で、様々な問題が紛糾して不運だとも思いますが、所詮は自らの属する党が招いた種。それを今回考えれば、だいさんが書いて下さった事例をはじめとする今の対応では何よりも遅すぎるし、不十分であると思います。
    何よりも今回、一番許せないのが、自らが野党時代に言い続けていた国民の知る権利について、自分達がそれを蔑ろにした事です。こんな事をする政党を私はどうあっても許せません。一部の国会議員にしか公開しないなんて、国民を馬鹿にし過ぎです。
    後、確かに日本国民はメディアに踊らされ右往左往する事が多々あります。私もその中の一人かもしれません。しかし、今回の民主政権に関しては、一貫して立ち位置を変えるつもりはありません。
    その中で思うのが、日本国民もメディアに対して慎重になって自らの考えをしっかりと持っているところがあると思います。ただ、その主張の仕方が間違っている事も仰る通り多々あるように思えますが、それは時間が解決するでしょう。ネットという新しい玩具を手にし始めたばかりです。今後は、学習してその正しい使い方を学んでいける国民レベルだと信じています。
    国民一人一人の政治的な感覚が磨かれていけば、新政保守政権の誕生は夢幻ではないかと。良いも悪いもわかりませんが、安倍待望論などと言われているぐらいですから。

  7. いつのまにか政権の話になってしまってますね。
    こういうのは、お互い色々な考えを持っているので、話がつきませんねw
    話を戻すと、今回、僕が一番納得いかないのは、流出した動画の書き込みに「中国ではなく民主党を批判せよ」というような書き込みが多数ありました。世界のどこの国でも、政治家含め、国民全体で領海侵犯をした側が悪い!と言うのが常識な筈です。 領海侵犯がなければ、それ以降の問題も発生しない訳ですから。
    ま、僕のスタンスで、前回コメントでも言ってた事なんですが、保守というのであれば、フェアにいかなければならんと思っています。
    叩くばかりではなく、良いところは良いと言うべきだと思ってるんです。なので、民主党の良いところをあげさせてもらいました。もちろん、批判するところは批判しなければいけません。
    kawabe氏のおっしゃる事はよく解ります。
    こうやって両方の意見があり、議論できるってのはバランスとれていいと思います。
    また気が向けばチャチャ入れるんで宜しくです(笑)

  8. だいさん、コメントありがとうございます。
    おそらくこのブログの最長コメント記録更新間違いナシですね(笑)。
    こういう話をガチンコでできる場がもっと多くあればいいのになぁ〜。個人の主張する互いの意見をぶつけ合うのが、基本的に苦手な日本人と言われていますが、それは、自らの意見を主張する場が子供の教育現場から極めて少ないからだというのが偉い学者さんが言っていました。ウェブが良い意味でも悪い意味でもそういう場になりかけていますね。
    で、本題。
    私の知人もだいさんの仰るような「中国ではなく民主党を批判せよ」というような書き込みをしていました。確かに凄くおかしな事で違和感は私も感じましたね。
    しかし、それだけ民主党に不満が募っていて、それが今回の事件で一気に民主党政権に矛先が向かってしまったというところでしょうか。
    私もその一人でしょう。でも、今回の事件で最も罪を問われなければならないのは中国です。その中国に対して真っ向から立ち向かって公の場で発言してくれるような政治家を私は希望します。
    日本国民の財産である領土、領域。それを脅かすものには問答無用で排除されるべき。そんな国家としての基本すら行えないこの国を憂いますよ・・・。
    本当に中国はろくな国じゃありませんよ!
    最後になりましたが、だいさんのコメント、またお待ちしておりますよー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>