このままで良いのか?いや、言い訳がないぞ!「日本の首相にふさわしい主な政治家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

elc0908101941011-p1

先日からニュースで何度か報道されているのを目にしていました。この「日本の首相にふさわしい主な政治家」という世論調査。結果を見て愕然としました。

一位に選ばれた政治家が舛添要一厚生労働相です。大臣ではありますけれど、彼はご存知の通り参院議員です。衆院議員ではありません。もちろん、自民党の総裁でもありません。という事は彼が首相になる事はありえない訳です。

ここで私は疑問に思いました。「総裁って何?首相って何?」自分が望む人間が首相に国のトップになれない選挙に参加する意味があるのでしょうか。一位の舛添氏だけではなく二位の鳩山由紀夫代表や三位の民主党の岡田克也幹事長もいます。しかし、あくまで一番望まれている人間(この世論調査で)が首相になれないのは如何なものでしょう。

国の礎を築く議員を国民が選ぶのなら、国のトップも国民の手で選ぶべきなのではないでしょうか?今のような年功序列的に選ばれる首相がどれほどのものなのか。結局、国会議員が国会議員の中で総裁を選びそれが与党だったら首相ってその中に国民の民意がどれだけ反映されているのでしょうか?こう自ら問いかけた時、決して反映されていないとその自らの問いに答えました。

8月という事で戦争関連番組、たくさんの戦争を体験された方や亡くなられた方の話を見ました。その中で今の日本をどう思うのか?という問いかけをしていた番組があり、それを見てこのままではやはり駄目だと思いました。

今の日本は確かに平和で私も幸せです。しかし、日本人としての誇りは当時(戦前・戦時中)の人間は皆持っていました。国を良くしよう!国を守ろう!と当時の政治家や国民が思っていた団結感みたいなものがありましたよ。今はそれを感じる事ができません。死んでいった仲間達が今の国を見てどう思うんでしょうかね。

私はまだ28歳です。戦争はもちろんバブルもまともに知りません。しかし、この方の言葉の意味はなんとなく理解できます。そして思います。「このままで良いのか?いや、言い訳がないぞ!」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>