『zino』休刊及び『@zino』休止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sub_magazine_5.jpg

zino』と言えばあの『LEON』の生みの親である『岸田 一郎』氏が立ち上げた雑誌。
この雑誌のちょい不良オヤジブーム真っ只中の2006年に出版社を退社し突然独立を宣言し『zino』を立ち上げたのですが、残念な事に一年余りで休刊というこのような事態に・・・。

Webと本の融合的なモノにも取り組んでいたので私個人的には期待していたのですが、テーマに少し無理があったようにも思えていたのがどうやら的中したようです。
取り上げた内容があまりにも値段が高くそこに読者の心を掴みきれなかった要因があったのかなぁ~。

LEON』だけでなく『MEN’S EX』など数多くの男性誌を作り上げた人だからこそ次なる試みが楽しみなのですが、彼の会社である『KI&Company』の全従業員20名は退職するという深刻な事態になっているようですね・・・

「『zino』休刊及び『@zino』休止」への3件のフィードバック

  1. 幾ら創立者であっても、後追いという立場を打破するのは難しかったのではないでしょうか。市場には同じような雑誌は沢山ありますしね。
    ちなみに、個人的にこの雑誌は好きになれませんでした。
    太文字のテキスト内容がどうもね…(苦笑)

  2. だいさんの言うとおり同じような内容の多い雑誌の中に結果埋もれてしまったカタチになってしまいましたね。
    個人的にはちょっとくど過ぎた感がありました。
    立ち上げ時の試みが面白かっただけにこういう結果はホント残念です。
    Webと書籍の融合みたかった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>