私はゼロの復活を信じていましたよ。『コードギアス 反逆のルルーシュ』新プロジェクト始動決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

geass02

信じていました。待っていました。『コードギアス 反逆のルルーシュ』が2010年新たな展開をみせるようです。

同作品は、2008年9月に第2シリーズの放送が終わり、シリーズ完結かと思われていた人気アニメです。元々は深夜での放送枠だった第1シリーズが好評を得ました。深夜で人気を得て、ゴールデンタイムに進出!最近良くあるパターンですが、内容はさすがです。ちょっと今後の日本の在り方を考えさせられる程のものです。

日本人とは何か?

この事を少なからず改めて考えさせられましたね。一歩間違っていれば今の日本もこのアニメの通りになっていたかもしれません。というか、これから未来にもあり得る内容です。

という、まさに名作アニメの新シリーズが動き出したとなれば、これはもはや放っておく訳にはいきまへん!エヴァに続きまた来年楽しみが1つ増えた訳ですからねぇ〜。

このアニメのあらすじをまずは皆様にご紹介を!

皇暦2010年8月10日、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。

日本侵攻から7年後、ブリタニアに恨みを持つ少年、主人公ルルーシュ・ランペルージは謎の少女C.C.(シーツー)から、他人に自分の命令を強制出来る、絶対遵守の力「ギアス」を与えられることになる。ルルーシュは仮面で素顔を隠して「ゼロ」と名乗り、自称正義の味方「黒の騎士団」を結成し日本の独立のため、ブリタニアに戦いを挑む。

日本が植民地?しかも名前を取り上げられ「エリア11」?日本人は「11(イレブン)」と言われ過酷な差別制度に虐げられている世界?本当に過激な内容です。

完璧な仮想世界ですが、でもどこかリアルだったりします。これはもう見てもらうしかありません!DVDもネット配信もされているようです。是非に!

そして、今回の新プロジェクトの新情報が入り次第ご紹介致します!さぁ、皆さんご一緒に!!「オール・ハイル・ブリタニア!!!

「私はゼロの復活を信じていましたよ。『コードギアス 反逆のルルーシュ』新プロジェクト始動決定!!」への41件のフィードバック

  1. 一度、エイプリルフールネタを聞いて、ガッカリしていて
    「はあ・・・・。ほんとにやらないかな・・・。自分で漫画かいて我慢するか・・・。」思った矢先、「コードギアス
    2010年新プロジェクト」をみてΣ(゜Д゜;)なんだとーー!
    と思いました。公式サイトを急遽見れば、急にカイジの
    グニャーみたいにになってwwwwwこんなことになってるん
    です。感謝っ・・・!圧倒的感謝っ・・・!

  2. 匿名さん、コメントありがとうございます!
    来ましたよ!
    私も待っていました。
    確かに一度復活ネタが出回りましたが、今度は確定情報!
    新情報待ち遠しいです。

  3. 最初に書いた匿名のものです!今更ですが新情報を持って参りました!
    なんでも一つ目にtvアニメの谷口監督原案のコミックが連載される
    そうです。脚本は谷口監督、漫画は「ナイトメア・オブ・ナナリー」の
    たくま朋正が担当するようです。どうなるのかが今から楽しみです!!

  4. どうも!お久しぶりです。
    あれからすっかりとブログが変わってしまったので戸惑われたでしょうに、コメント頂き恐縮です。
    てっきりアニメなのかと思ったら月刊エースで連載が開始するようですね。
    これは後々アニメ化間違いナシ!?ですね!
    ホントにわざわざ新たな情報ありがとうございました!

  5. 匿名のものです!早速ですがkawabeさんは宝地図というものを知っていますか?スピリチュアル的なもの(?)で年月日に何が起こるかを書けばその通りになるというものです。例えば「宝地図のおかげで願いどおり父の病気が治った」という例があります。実は私、それに「2010年10月にコードギアス続編!」書いたんですよ・・・まさか・・・・・。

    まさかねwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>