Shoeshine PARTY 2009/靴磨きパーティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅ればせながら常連さんの中ではすでにこのネタのエントリは済まされていましたが、せっかくなので私もUPしたいと思います!

Shoeshine PARTY 2009

Shoeshine PARTY 2009

先週の金曜日12日。神戸いや関西を代表するセレクトショップ『CINQUECLASSICO【チンクエクラシコ】』において靴マニアには溜まらないイベントが開催されました。それは、靴磨きパーティーこと「Shoeshine PARTY 2009」です。本当に素晴らしいイベントで、シューケアグッズの代理店「R&D」より、シューケアマイスター相原氏が実際に靴を磨いてくれるというものでした。こういう機会って実は意外とないんですよねぇ〜。

自分の靴は自分で手入れするべきである。

普段から私はそう考えているのですが、実はいまいち自分の手入れの仕方に自信がありません。だからこそ、今回は相原氏にたくさん質問させて頂きました。今回私が一番知りたかったのは、簡単簡単だと言われていますが実は一番やり方がよくわからなかったスエード素材の手入れ方法。しかも、今回私が相原氏に磨いて頂いたのは、革とスエードのコンビの靴です。

スエードと言えば、毛足が立っているので撥水性がよくそんなに手入れがいらないと思っている方が多いのではないでしょうか?確かにそうなんですが、逆に汚れてしまった時に慌ててしまいます。特に傷ですね。スーッとどこでぶつけたのであろうか原因不明の傷。これも普段からの手入れ次第では簡単に甦るんです。硬めのブラシ(真鍮入りのブラシを使われていましたが、最近の高級靴はスエードの毛足が短い為抜けてしまう恐れがあるので真鍮入りでないものが実はオススメだそうです。)で普段から毛並みを整えた上に防水スプレーでガードしてあげていれば、傷も去ることながらシミからも完全ガード!スエード部分だけであれば、両足でほんの5分ぐらいでお手入れ完了してしまう程の気軽さです。

私のような靴の革とスエードのコンビシューズに関しては、防水スプレーの際に革の部分に掛からないように片手で革の部分をカバーしながらスプレーをして通常の革の手入れをすれば良いそうです。本当に勉強になりましたね。

更に私はブラシを使った事がありませんでしたが、これからは絶対に使おうと思います!今まではクロスを使ってシュークリームを全体に塗っていましたが、実はそれだと多めに塗ってしまいがちになるそうで、ブラシだと薄く万遍なく塗る事ができるようです。クリームが多すぎると、ひび割れなどの原因になるようです。自分のお気に入りの一足がひび割れするなんて想像もしたくありませんね。もう1つの理由は、ブラシだと全体にクリームを塗るのが早くてスムーズだったというのも実はあります。これは相原氏だからこそなのかもしれませんが、これからは真似をさせて頂いて頑張りたいと思います。

Shoeshine PARTY 2009

この他にもシュークリームには色々な種類があって色々な場面で使いわけたりとか、何度も鏡面磨きを行っているとなかなか取れないワックスの取り方などと新たな知識をたくさん仕入れる事ができました。靴に興味のない人にはまったく理解できない世界かもしれませんが、私のような人間にとって充実した幸せな時間であった事は間違いありません。何故なら参加されていた人達の熱心な事。皆が自分が磨かれている時だけでなく、他の人が磨かれている時もジーッとその様子を見つめていました。皆さんの靴に対する愛情の深さを肌で感じられたように思えます。

これを見て興味をもたれた方のためにR&D社製のシューケアーの商品は『コチラ』を参考にしてみて下さい!

また是非このような機会があれば参加したいです。最後になりましたが、チンクエの皆さん、そして、相原氏お疲れさまでした&ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>