韓国に都合のいいように使われる村山談話の村山元総理。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村山元総理

もう引退しているんだから黙っとけ!しかも、何をノコノコ韓国にまで行って発言してんねん!」と言いたくなります。
今日12日に、村山談話を発表したあの眉毛じじいの村山富市元総理が韓国の国会議員会館で日韓関係をテーマに講演しました。

最近元総理たちが、一線を退いているのにも関わらず、ちょこちょこ出てきては、問題発言をされています。これって、本当に日本の国益の事を考えて発言されているのか、問いたくなります。
今回の村山元総理の行動は、必ずしも日本の国益になるとは言い難く、むしろ韓国に良いように利用されています。
現に今回の事で、韓国の朴大統領は、「日本の現指導者は『村山談話』と『河野談話』の継承を明確にし、誠意を疑わせるような言動は控えた方がいい」と発言。明らかに現政権に対して、警告のような物言い。

これもまた、何度もこのブログで告げていますが、我々日本は、韓国に対し、一応の賠償は行っており、これ以上の賠償は請求しないものとする条約を結んでいます。それが、1965年に結ばれた「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」のこと。略称は「韓国との請求権・経済協力協定」とも言いますが、両国の国交正常化のための「日韓基本条約」とともに結ばれ、日本が韓国に5億ドルの経済支援を行うことで、両国及び国民の間での請求権を完全かつ最終的に解決したとする内容。

この後に、竹島問題や、従軍慰安婦問題など様々な問題を持ち出しては、日本から領土や金、更には謝罪までも要求するという卑劣きわまりない国です。
私個人的には、「侵略国家だ!」「性奴隷の国だ!」などと国際的に非難してくる国に対して、協力関係を求める必要があるのでしょうか?いや、そもそも築く事が可能なのでしょうか?

私達は、この事で多くの事を学ばなければならないのではないでしょうか。
村山談話や河野談話を生んだのは、私達国民です。国民の判断を間違えれば、後の世にまで遺恨を残す黒歴史を生んでしまうのです。国民である私達が、糞マスゴミなどに惑わされぬキチッとした歴史認識、国家観を持つように努力を行いましょう。そうする事で、我々のこの住む愛すべき日本を守れる唯一の道です。

とにもかくにも、まず言いたい事は、「鳩ぽっぽにしても、耄碌眉毛じじいにしても出てくんな!」と言いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>