サーバーダウンは偽装だった!?高橋大輔とのキス問題で渦中の橋本聖子氏事務所ホームページ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本聖子 高橋大輔 キス問題

知ってる人が見れば一目瞭然、恥ずかしくなる話。
正直この件については、どうでもいいような話なんです。

昨日見た朝のニュースでもやっていた橋本聖子氏の高橋大輔とのセクハラキス問題で、橋本聖子氏の事務所のホームページがサーバーダウンに状態に陥っているという報道がされていました。
先程も述べたように、私的にはこのキス問題自体どうでもよくて、問題なのは、サーバーダウンと報じられたホームページ。

私もウェブ制作を行っている端くれ。そんな私でも一目でわかる偽装サーバーダウンページ。
何故偽装なのではないか?と言う理由については、サーバーがダウンしているのにも関わらず、何故かページに対して即座に繋がります。これが一点。
そして、物凄く不可思議なのが、サーバーのステータスコードが通常ならば503を返すはずなのに、200 OK となるところです。

通常このようなサーバーの仕様はありえないと言っても過言ではありません。
よく見かけるサーバーダウン状態のページは以下の画像です。

attachment

そして、肝心の橋本聖子氏のサーバーダウン時のサイトの様子が以下の画像です。

橋本聖子 サーバーダウン

一目瞭然。全くもって違いますよね?
更に面白いのが、橋本聖子氏のホームページのサーバーダウン表示されているページソースです。

橋本聖子 サーバーダウン

これはぁ〜!!!
ちょっとHTMLの知識があればわかって頂けると思いますが、Pタグの閉じタグが存在してない!書き忘れてる!?
更に現在は、「現在、メンテナンスを行っています。」とタグも変更されています。
って事は、サーバーに入れてるやん!編集出来てるやん!

いやぁ〜、脇が甘いというかなんと言うか。こんな時だからこそ、しっかりとした対応が求められる時に、バレバレな偽装をして。。。
まぁ、今回のエントリはちょっとした小ネタとしてのご紹介でした〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>