学校裏サイト。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

news3829144_6.jpg

人の心の闇の部分って言うのは誰もが持っているもの。
それが子供であろうと同じ事です。

そんな子供達の闇の部分をクローズUPされています。
その代名詞的存在が『学校裏サイト』です。
実際にその『学校裏サイト』とは何なのかと問われれば、「ある特定の学校の話題のみを扱う非公式の匿名掲示板である。」と明記されています。

できた経緯など詳細は一切わかりません。
しかし、少なからず『2ちゃんねる』などの大型掲示板が影響しているようです。
個人を一方的に中傷する内容が多く、それが学校という限られた場所を舞台にしてあるんです。

あの子ってうざい!

死ねばいいのに!!

あの先生キモイよね~。誰か殺してくれないかなぁ~www

なんて書き込みがごく普通に並んでいます。
しかも、名指しでです。

匿名性という事を良いことにやりたい放題なのが現状です。
なぜこんな状況になっているのか?
それは運営している人たちのほとんどが個人であり特定が困難なのです。
学校も削除を依頼したりはしているようですが、そのほとんどが無視されているようです。

何のためにこんなサイトが存在したのか?
それは管理人である人物が広告費を稼ぐためであり、または個人情報を得るためでもあります。

例えば、小学生高学年や中学生を対象に出会い系サイトなどへの入り口を作っているんです。
もちろんこの事は違法です。
しかし、その辺りを巧みに隠してあります。
完璧な闇サイトです。

実際にこの『学校裏サイト』の書き込みが激化しいじめに繋がっているとか・・・。
こういうサイトが簡単にできてしまう今の世の中・・・。
本当に我々大人が子供達によりよい環境で育てられるように環境作りをしなければいけません!
大人達が一緒になってこんな事をしているようでは駄目なんですが・・・。

インターネットは本当に便利です。
しかし、それは使う人によっていろんな姿へと変貌します。
中には、このような人を傷つけそして死に至らすものもあります。
だからこそ、今一人一人のモラルが問われています。

基本的な「自分がされて嫌な事は人にはしない!
これが全てです。
今一度こういう事をじっくりと考えなければならない時です。

「学校裏サイト。。。」への31件のフィードバック

  1. >自分がされて嫌な事は人にはしない

    教育としては当たり前のことなのですが、

    同じ言葉を福田総理大臣もおっしゃったそうですが、

    彼が言うと趣旨が変わってくるところが面白いです。

  2. slytribesどうもです!
    本当にあの人の言葉には中身を感じられないですよね。
    そんな人が一国の首相でいいのでしょうか・・・
    私は疑問です。

  3. さつき優さん、はじめまして。
    ウザイやつが嫌だからと言ってこのような事をして良いなんて事は絶対にありませんよ。
    確かにむかつく事やイライラする事も理解できます。
    私も実際にその時を人並みに経験してきたので。
    それでもこんな事をしなかったのは、簡単です。
    こういう物がなかったから。
    だから、むかつくヤツがいたとしたら自分の中で解決したり、実際に喧嘩したりするものだと思います。
    こんな陰湿な事をしていては、何も解決をしないし自分が思っているよりも相手を傷つけてしまう事にだってなります。
    エントリにも書きましたが、こういう事をする前に自分がやられたらどう思うのかという事を考えて下さい。
    「相手の立場にたって相手の事を考える。」これは人間が社会の中で生きて行く中で必要な事です。基本です。
    こういうかたちなのでどういうさつきさんが、どういう方なのかはわかりませんが、もしこういうサイトを利用しているのならこの事を少しで良いので考えてみて下さい。
    間違いなく言えるのは、他人の悪口を言ったり書いたりして良い事は絶対にありませんよ。

  4. はげめまして                             突然ですいません                          闇管轄区というネット荒らしがあるらしいので気をつけてください    噂では危ない情報を管理してるとか

  5. まきさん、コメントありがとうございます。
    どういう理由かわかりませんが、先生達は心配で叱っていると思いますよ。
    人を怒るというのはそれなりに力を使うんです。
    それなのに敢えて怒るという事はまきさんの事を考えているからでしょう。
    その辺りも含めて考えてみては如何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>