BLOGを書く意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前にもコレに近いエントリーをしたような気がしますが、改めて記したいと思います。

BLOG=CMSを使った日本では“日記”の意味を表します。

今やこのBLOGは、インターネットにおける重要性が高まってきています。
それは、一般ユーザが誰でも手軽に始められるからです。
そしてBLOGを通して友人はもちろん、まったく知るはずのない第三者とコミュニケーションを取る事が容易にできるわけです。
これが現在のように広まった一番の理由でしょう。

BLOGの種類は、大きく別けて3つあります。
1つ目が一般ユーザの日記的要素が強いBLOG。
2つ目がECショップやリアルショップのお店の広告要素を秘めたBLOG。
3つ目が芸能人などの有名人が自らのプロモーションを行う場所としてのBLOG。

私の仕事上でも一番多い相談が、2つ目のBLOGを運営しているショップ運営をしている人達です。
その中で最も多い質問が、「何を書けば良いですか?どういう情報を書けば読んでもらえますか?」という質問です。
いつも私がこの質問に対して答えるのが「何でも書いて下さい。」です。
上記では、3つに別けましたが基本的に区別されるものではないんです。
一番最初にも述べたように「BLOG=日記」です。
ショップの運営者だからと言ってお店の紹介ばかりする必要はないんです。
そんな事をしているとネタ切れを起こし続かないし、逆にそればかりだと見に来たユーザが飽きてしまいます。
言わばBLOGをセルフプロモーションの場と考えれば言い訳です。

BLOGの素晴らしいところは、BLOGを通して“その人がどういう人なのか?”また“どういう事を考えているのか?”など筆者の内面を感じ取れるところです。
私がいつもする事ですが、仕事での打ち合わせの際には必ずウェブサイトをチェックします。
そしてBLOGをチェックします。
無い場合は仕方がないのですが、これを行う事によって相手がどういう人なのかを予め知る事ができます。
それにこっちから共通の話題やBLOGのネタをふって話を盛り上げる事ができ、ほとんどの人がこれで悪い気持ちにはなりません。
むしろ喜ばれます。
そんな事を続けていくと100%とは言い切れませんが、大体思い描いた通りの人柄である事が多いのですが、これって逆にお店側からすれば、まさしくまだ来ぬ見えぬお客さんに対し好感を持たせるチャンスな訳です。

こう考えた場合に商品やお店の紹介は当たり前ですが、自治ネタや考え方を外部に発信しユーザに訴えかけるようなBLOGは人気BLOGになりえます。
その辺りを上手くやっているのが、3つ目の芸能人や有名人のBLOGです。
自らのプライベートの写真や出来事や考えをドンドンと公開しています。
要はこの原理です。
裏ネタ的なものには、どんなものであれ皆惹かれるものです。
そこを上手く出してやる事で、ヘビーユーザが集まり話題になり更なる新規ユーザを獲得できる一番の近道ではないでしょうか。

最終的なまとめとしては、カタチに囚われず好きな事・興味のある事をドンドンと書いていく事が大事だということです。
もちろん、最低限のモラルは必要ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>