慰安婦報道に続いて、吉田調書についてもねじ曲げた朝日新聞が謝罪へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞 謝罪 木村伊量社長

本当に朝日新聞は酷く、大変罪深い事を事実とは全く違う形で報道してしまいました。

今回の吉田調書の記事を取り消し、木村伊量社長が謝罪しましたが、こんな事があっていいのでしょうか?
現場から「逃げ出した。」と活字で、堂々と日本の権威のある新聞の紙面で、書かれた人達はたまったものではない。

まず今回の流れを簡単に説明した朝日新聞の記事があるので抜粋致します。

記事抜粋

東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、いわゆる「吉田調書」を、政府が非公開としていた段階で独自に入手し、今年5月20日付朝刊で第一報を報じました。その内容は「東日本大震災4日後の2011年3月15日朝、福島第一原発にいた東電社員らの9割にあたる、およそ650人が吉田昌郎所長の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退した」というものでした。吉田所長の発言を紹介して過酷な事故の教訓を引き出し、政府に全文公開を求める内容でした。

しかし、その後の社内での精査の結果、吉田調書を読み解く過程で評価を誤り、「命令違反で撤退」という表現を使ったため、多くの東電社員の方々がその場から逃げ出したかのような印象を与える間違った記事になったと判断しました。「命令違反で撤退」の記事を取り消すとともに、読者及び東電福島第一原発で働いていた所員の方々をはじめ、みなさまに深くおわびいたします。

抜粋終了

完全な思い込みですよ。あら探しをする中で、それらしい単語を強引にくっつくけて報道する。もはや完全なねつ造ですよ。
ジャーナリスト、ジャーナリストと声高々に吠え、報道の自由と権利を掲げる害悪としか思えませんね。

しかも、吉田氏は既に亡くなっておりますが、生前からのこの調書の公開には否定的だったそうです。故人の意思を無視し、ありのままを報道するならまだしも、ねじ曲げている訳ですから、報道に携わる機関がする事ではありません。

更に、今回の会見で取って付けたかのような慰安婦報道への謝罪。こんな謝罪1つで許されるものでは決してないです。社命を賭して、海外へ誤報である。従軍慰安婦なんて事実はないと、国民の為に無償で彼らは訴え続けるべきです。
何の行動も起こさず、頭を下げて辞職するだけで罪が消えるなんて思わないで頂きたい!それほど、この問題は重要な問題なのです。

事実に反する報道で国や我々国民さえも貶めるような新聞社は、一刻も早くそれなりのケジメをつけて消えて頂きたいものですね。

「慰安婦報道に続いて、吉田調書についてもねじ曲げた朝日新聞が謝罪へ」への2件のフィードバック

  1. 朝日新聞は、朝鮮日報の略だと元々思っていましたが、日本の国益を損なう捏造を、堂々とこれまで行って来て許されることではないでしょう。
    しかし、強制連行慰安婦に関しては取り消しておらず、こちらの問題をうやむやにする為に、吉田調書に関し謝っただけとしか思えません。
    こんなマスコミはつぶれて頂かないといけませんよね。

  2. あんぽんたんさん、仰る通りですね。
    この国で最も下劣なマスコミの親玉的存在ですよ。
    従軍慰安婦に関して、ついで感丸出しの謝罪で許すのではなく、キチッとした責任を追求する姿勢を私達国民が示さないといけないと思います。
    本当に酷い新聞です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>