野田政権になって私は、理解した。無難な政治は駄目であると。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野田佳彦

国民にではなく党内のあちらこちらに気を配った組閣。国益を考えずにアメリカに気を使って、参加しようとしているTPP。そして、官僚の言いなりになって、どさくさに紛れて復興と言う理由をとってつけ、今まさに踏み切ろうとしている増税。

結局、後手後手の政治です。積み重なる問題に対して無難に対処した結果です。(無難と言ってもマスコミや周りの政治家が言っているだけですが。)

私は、全てが良いとは思いませんが、政治家には、何か悪いところがあっても良いと思っています。結果的にその人が、日本を良くする為に必要なのであればです。ロッキード事件などで黒い噂があるあの田中角栄氏みたいな人こそ、今の日本に必要だと思います。大鉈を振るうには、それなりにあくどい事も必要。蛇の道は蛇。人が何かすれば、それを賞賛する人もいれば、否定する人もいます。

そういう意味で言えば、最近では小泉純一郎氏が最もリーダーとしてふさわしかった一人だと思います。確かに、対中問題やら雇用問題などで後によからなぬ影響を及ぼす物もありましたが、対中問題してみれば、それ以降の自民党や民主党の対応よりはマシだったと思いますし、雇用問題にしても、あの時に行っていなければ実態なき景気回復と言われていましたが、それすらも実現できず、経済状況の悪化を招いていたのではないでしょうか。

いつも民主党批判みたくなってしまいますが、実際に今この野田総理よりもマシで民主党の代表になり総理大臣になれる位置にいる政治家を知りません。っていうか居ないでしょう。(居れば教えて下さい。)

では、他の党を見渡してみると・・・。やはり安倍さんぐらいですかね。ただ、希望としては麻生さんと二人三脚でこの国難を乗り越えてほしいと思います。安倍さんのような芯が強く気品のある人と、麻生さんのような大胆な政策を打ち立て、それを実行する力の持ち主。この2人がタッグを組んでくれれば、今すぐにでも日米の関係は持ち直し、中国、韓国に対しても強い姿勢で望んでくれると思います。そして、国内に対しても適材適所に閣僚を配置してくれるはず!

とりあえず、瀕死状態で明日をも知れぬ日本。そんな状況下で無難な政治なんてやってたら駄目ですよ。ホンマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>