何が悪い?「麻生首相、靖国神社へ真榊料」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aso

マスコミはもっと報道するにあたってもっと考えるべきだと思います。
今回の麻生首相が、靖国神社の春季例大祭に際し、自費で真榊(まさかき)料を奉納した事について中国や韓国側の人間かのような取り上げよう・・・。あくまで麻生首相はこの国のリーダーです。ましてや、靖国神社は我国の礎として自らの命を張って下さった方達の命が祭られている神社です。その神社の祭りに対して敬意を払う事がそんなにいけない事でしょうか?

こんな事、どこの国もやっている事ではありませんか?どうしても一方的な報道が目立つように思えます。今回の行動は、そこまで批判されるような内容では決してありません。

中国は、「靖国問題に対しては適切かつ慎重な対応を望む」と発言。慎重な対応って?おたくらに言われたくないわ!って感じしませんか?

韓国は、「正しい歴史認識を確立するという意味で、大変遺憾に思う」と発言。あんた達が言う正しい歴史認識とは?自分達は、今まで一切戦争行為という過ちを行ってきていないのか?自分達は何もしていない真っ白な被害者だと思っているかのような態度に私は遺憾に思います。

戦争という歴史認識は、支配する側とされる側では当然180°見解が違うのは当たり前です。悪かった事を反省する事は必要です。しかし、必要以上に卑屈になる事はありません。何故なら、韓国に対しても中国に対しても誠意ある対応を日本はしている訳です。そして、両国ともそれを公式の場で認めて今後一切賠償請求などを行わないとまでしています。彼等の反日的なその言動のほとんどが自らの政権の支持率を維持、又は上げる為のパフォーマンスなので惑わされないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>