ネットブラウザの最大シェアのInternet Explorerに深刻な脆弱性!米国土安全保障省が警告!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IE インターネット・エクスプローラー

驚きのニュースが飛び込んできましたね。我々がインターネットで楽しむ上で、利用しているインターネットブラウザ。その最大シェアを誇るMicrosoftの「Internet Explorer」に安全上の脆弱性が見つかり、ハッキングを受ける可能性があると警告をアメリカの国土安全保障省が出しました。
しかも、今回の対象となるのがInternet Explorerの最新版である11を含まれているという点。言わば、6〜11全てが対象という事です。

具体的にどのような危険性があるのかと言いますと、使用しているパソコンの遠隔操作、重要な個人情報などの抜き取りなどです。インターネットバンキングを利用されている方は、勝手に送金が行われる可能性だってあります。

現状有効的な対応策は発表されていません。今頃、Microsoftの技術者は世を徹しての対応を迫られているでしょう。御愁傷様!って感じでしょうか。
とりあえず、我々利用ユーザにとって必要な対応策とすれば、他のブラウザに切り替える事です。例えば、「Google Chrome」や「FireFox」ですね。
Internet Explorerという事でWindowsがほとんど対象となると思いますので、この2つのブラウザが切り替えの対象となると思います。
但し、Internet Explorerでしか見えなかったり動かないページもあります。その場合は、IEの新バージョンがアップされるまで見れない訳ですが。。。

どちらにしろ、これを機に他のブラウザがシェアを伸ばしてもらえればなぁ〜って個人的には思っています。
理由は1つ!ウェブ制作上IEのCSSに対する性能の低さがあるからです。

余談でしたが、これからのMicrosoftの対応を見守りたいと思います。皆さんも関係ないと思わず、ブラウザの切り替えを行って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>