WordPressの使えるプラグイン。カスタムフィールド「Advanced Custom Fields」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Custom Fields

最近のウェブ制作において、WordPressを使用する際に、このプラグイン「Advanced Custom Fields」は、使わない事はないぐらいに活用しているプラグインです。
Advanced Custom Fieldsは、カスタムフィールドの拡張を簡単にする事が出来る上に、標準搭載されているカスタムフィールドの機能を強化する事が可能なんです。

何と言っても、プラグインをインストールして、表示させたい場所に呼び出しタグを入力するのみ。このブログにも使用しております。
ちなみに、先日ご紹介した「CINQUE un ALTRO【チンクエ ウン アルトロ】」さんの案件にも「コーディネイトページ」に使用しています。

使用する理由としては、運営されるクライアントの方にも簡単に更新する事が可能になるという事ですね。
面倒なHTMLのタグが極力不要にする事が出来るからです。
では、説明についてはこの辺で、具体的な使用方法をご紹介させて頂きます。

まずは、「Advanced Custom Fields」をダウンロードして、サーバー内の「/wp-content/plugins/」にアップして下さい。そして、管理画面からのプラグインの設定を有効化して下さい。そうすれば管理画面のサイドバーの下部に「カスタムフィールド」が表示されると正常にインストールされてます。

ここから、欲しいカスタムフィールドを管理画面に追加する訳ですが、まず数ある中からどういう入力欄が追加できるかと言いますと、「テキスト欄」、「テキストエリア」、「ビジュアルエディタ」、「画像」などが追加出来る代表的なフィールドです。

Advanced Custom Fields

では、どのように追加するかと言いますと、管理画面の右サイドバーにカスタムフィールドをクリックするとフィールドグループを選択する画面に遷移します。新たに追加する場合は、新規追加のボタンをクリック。前もって作っている場合は、グループ内に追加する事もできます。その場合は、編集ボタンをクリックすれば大丈夫です。

Advanced Custom Fields

次に上記の画像のページに遷移していると思いますので、必要な内容を選択して、適当な名前をつければOK!後は、公開すると記事入稿画面に追加したフィールドが登場します。
その中に文字や画像を入力すれば、下記のタグを入力した情報を出力したい場所に入力するだけで表示されます。

< ?php the_field("フィールド名", $post->ID); ?>

これだけで、かなり出来る事が増える素敵なアイテム!それが「Advanced Custom Fields」です。
カスタムフィールドの導入を考えている方はもちろんですが、実験的に活用される事もオススメです!更新がより快適にできますよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>